[市場動向]

序章:グローバル時代の情報動脈へ

2011年7月5日(火)

グローバル時代の“即断即決”支える情報動脈へ 日々の企業活動で生じる製造や販売、在庫などのデータをどう活用し、競争力に結びつけるか─。多くの企業がかねてから抱える課題だ。昨今の世の動きに注目すると、ソーシャル技術の台頭で情報流通のスピードは飛躍的に速まっている。消費者の声をリアルタイムで入手し、マーケティングに生かす企業も多い。

転じて、企業内の情報流通はどうか。拠点や部門ごとにシステムはバラバラ。いくつものインタフェースを経由し、複雑に絡み合っている。このため、全社としての実績傾向値や、各国の事業活動の詳細を把握するには、月次あるいは週次のバッチ処理でデータが集約されるのを待たなければならないケースが散見される。「製品やサービスのライフサイクルがますます短くなる状況下、精度の高い意思決定を下すには、1日前の情報でも遅いくらいだ」(アクセンチュア テクノロジーコンサルティング本部の米澤創一エグゼクティブ・パートナー)。にもかかわらず、ほしいデータがほしい時に手に入らない。

企業もふがいなさを自覚している。本誌が2011年5月、ERP研究推進フォーラムと共同で実施した「ERP満足度調査」で、現行の基幹系システムに対する満足度を聞いたところ、「経営管理の高度化」という評価軸では「あまり満足していない」「全く満足していない」という回答が合わせて67.3%を占めた。

ERP導入済みの企業でも、事情はあまり変わらない。15年ほど前に世に登場したERPは、人、モノ、金といった経営リソースの動きを一元管理し、適正な意思決定の材料を提供するはずだった。だが、導入に踏み切っても、そのポテンシャルを生かしきれている例は決して多くない。会計など限定的な導入、既存システムとの強引なつなぎ、過度のカスタマイズといった要因が重なり合い、調和性や即時性に欠けたシステムができてしまった。この点では、製品機能とは別の次元に元凶があったとも言える。

一方でERPそのものに注目すると、能力や機能は着実に進化を遂げている。「インメモリー技術などの実用化が目覚ましい。取引条件に応じて業務プロセスをダイナミックに修正するなど、真の意味でのリアルタイム経営を支える素地が整ってきた」(アクセンチュア テクノロジーコンサルティング本部の渡辺哲弥プリンシパル)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

序章:グローバル時代の情報動脈へグローバル時代の“即断即決”支える情報動脈へ 日々の企業活動で生じる製造や販売、在庫などのデータをどう活用し、競争力に結びつけるか─。多くの企業がかねてから抱える課題だ。昨今の世の動きに注目すると、ソーシャル技術の台頭で情報流通のスピードは飛躍的に速まっている。消費者の声をリアルタイムで入手し、マーケティングに生かす企業も多い。

PAGE TOP