[インタビュー]

対談:ERPの次の方向性を聞く (Part 2)

2011年7月12日(火)

業務とITの密着が進む今 ERPのリアルタイム化は必然 仮想化やクラウド、ソーシャル、モバイルといった華々しい技術に関心が集まる中で、 実はERPパッケージも着々と、しかし大きく進化しつつある。進化の方向はどんなものか。 企業情報システムの専門家である札幌スパークルの桑原里恵氏に話を聞いた。 札幌スパークル システムコーディネーター 桑原 里恵 氏  聞き手 本誌編集長 田口 潤

─  ERPベンダーの製品発表で「リアルタイム」というキーワードをよく耳にします。この言葉が今、改めて浮上した背景には何があるのでしょうか。

桑原: ユーザー企業から見ると、リアルタイムは特定の製品技術にとどまらず、基幹系システムが直面する課題を顕著に表した言葉といえます。

元々、ヒト、モノ、カネという経営資源をリアルタイムに可視化し、経営の判断に反映することが、ERPのコンセプトでした。それが情報を基点とし、ITを組み込んだ業務プロセスへと広がって、今日のERPの姿があります。

一方、現実のビジネスはリアルタイム化が急速に進んでいます。グローバル化にも需要の急変動にも、リアルタイムなしくみの方が対処しやすく、むしろ自然で無理がありません。ネット上をリアルタイムに情報が流通し、人々が24時間活動をする。時間の流れに沿ってスピーディーにプロセスが動き、その様子が即座に伝わることは、企業にとってもごく当然になっています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

対談:ERPの次の方向性を聞く (Part 2)業務とITの密着が進む今 ERPのリアルタイム化は必然 仮想化やクラウド、ソーシャル、モバイルといった華々しい技術に関心が集まる中で、 実はERPパッケージも着々と、しかし大きく進化しつつある。進化の方向はどんなものか。 企業情報システムの専門家である札幌スパークルの桑原里恵氏に話を聞いた。 札幌スパークル システムコーディネーター 桑原 里恵 氏  聞き手 本誌編集長 田口 潤

PAGE TOP