[技術解説]

製品編:高速処理やモバイル対応などに工夫 (Part 4)

2011年7月19日(火)

実績データの即時把握に工夫 海外事業所の短期立ち上げにも配慮 昨今のERPパッケージは、海外製品はもとより国産製品においてもグローバル経営を見据えた機能強化が目立つ。 Part4では主要なERPパッケージの最新動向をまとめた。 折川 忠弘[ 編集部 ]

企業のグローバル展開が加速する中、ERPには「リアルタイム性」や「海外事業所の短期立ち上げ」が求められるようになってきた。ベンダー各社はどのように応えようとしているのか。最近の動きを整理しよう。

処理の高速化に向け周辺製品の拡充を加速

大手ベンダーは今、ERPパッケージの使い勝手を高めること、その中でも高速な処理・分析を目的とした周辺ハード/ソフトの拡充に力を注いでいる。

ERP市場で常に先頭集団を走ってきたSAPは、インメモリー技術の取り込みやモバイル対応に余念がない。例えば、「High-Performance Analytic Appliance(HANA)」。これはインメモリー処理のカラム型DBを搭載したアプライアンスで、ERPで扱うデータを高速に分析処理することで、営業現場や製造現場の意思決定支援にまでERPのカバレッジを広げる狙いがある。ストレージやDBMSのコストを下げる狙いもあるとされる。

モバイル対応も加速させている。モバイル端末向けのソフト開発環境「Sybase Unwired Platform 2.0」、およびSAP製アプリケーションにアクセスするミドルウェア「SAP NetWeaver Gateway」を発表。HANAと組み合わせて、ERPにモバイルからアクセスし、場所や時間を問わず必要な経営データをリアルタイムに閲覧するといったことを可能にする。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

製品編:高速処理やモバイル対応などに工夫 (Part 4)実績データの即時把握に工夫 海外事業所の短期立ち上げにも配慮 昨今のERPパッケージは、海外製品はもとより国産製品においてもグローバル経営を見据えた機能強化が目立つ。 Part4では主要なERPパッケージの最新動向をまとめた。 折川 忠弘[ 編集部 ]

PAGE TOP