[ザ・プロジェクト]

グループ2万人が利用するシステムを仮想化 84台の物理サーバーをブレード8基に統合【キヤノンマーケティングジャパン】

2011年7月27日(水)

サーバーの増加に伴って増え続けるプロセサやメモリー、そしてディスクの“無駄”と、膨れ上がる運用コスト。サーバー統合は数年前から進みつつあるようにみえるが、この種のインフラの問題に頭を悩ませているIT部門は、今もまだ少なくない。グループ2万人が利用する情報系システムのサーバー84台を10分の1以下に減らし、15%のコスト削減を目指すキヤノンマーケティングジャパンの仮想化プロジェクトの全容を聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

古川 宗徳 氏
古川 宗徳 氏
キヤノンマーケティングジャパン IT本部 ITインフラ部 ネットワークインフラ課 コンピュータインフラ第一課 課長
1986年4月、キヤノンに入社。キヤノンマーケティングジャパン(CMJ)にて販売系アプリケーションの運用を担当。キヤノンUSAで5年余りにわたってネットワークやサーバーなどのインフラを手掛けた後、1997年からCMJでサーバーなどインフラの構築を担う。2005年から現職。現在はCMJグループのネットワークやITセキュリティの整備を手掛けている


平野 雅和 氏
平野 雅和 氏
キヤノンマーケティングジャパン IT本部 ITインフラ部 コンピュータインフラ第一課 チーフ
1992年4月にキヤノンマーケティングジャパン(CMJ)入社。事務管理部(現在のIT本部)でメインフレームの運用業務に従事する。1995年以降、クライアントパソコンの標準化やWindowsセキュリティ基盤の構築など、複数の全社プロジェクトを手掛ける。2005年1月から現職。管理者として、CMJグループの情報系システムインフラの運用を担っている


深澤 誠司 氏
深澤 誠司 氏
キヤノンマーケティングジャパン IT本部 ITインフラ部 コンピュータインフラ第一課 主任
1995年4月、キヤノンマーケティングジャパン(CMJ)に入社。情報システム本部(現在のIT本部)にて、電子メールやグループウェアの全社導入プロジェクトに携わる。その後、電子メールシステムの運用やITセキュリティ、モバイル環境の企画・運用に従事。現在はITセキュリティに加え、社内ポータルやスケジューラなどのインフラ管理を担当している


深澤 誠司 氏
星合 伸治 氏
キヤノンITソリューションズ 基盤ソリューション事業本部 基盤ビジネスセンター 販売推進部 担当部長
1988年2月、キヤノンマーケティングジャパン(CMJ)に入社。都内の「ゼロワンショップ」にて米アップル製品の販売などを手がけた後、1993年7月から国際電話会社の担当としてWindowsを中心としたシステムインフラの販売に従事する。2007年1月からキヤノンシステムソリューションズ(現在のキヤノンITソリューションズ)。基盤製品の販売を推進している


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

グループ2万人が利用するシステムを仮想化 84台の物理サーバーをブレード8基に統合【キヤノンマーケティングジャパン】サーバーの増加に伴って増え続けるプロセサやメモリー、そしてディスクの“無駄”と、膨れ上がる運用コスト。サーバー統合は数年前から進みつつあるようにみえるが、この種のインフラの問題に頭を悩ませているIT部門は、今もまだ少なくない。グループ2万人が利用する情報系システムのサーバー84台を10分の1以下に減らし、15%のコスト削減を目指すキヤノンマーケティングジャパンの仮想化プロジェクトの全容を聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP