アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

SMB向け機能を強化したEDIパッケージ

2011年7月29日(金)

 データ・アプリケーションは2011年7月29日、「ACMS B2B 3.8」を販売開始した。

 ACMS B2Bは、EDI(電子データ交換)パッケージソフトウェア。その強みは、全銀手順やJCA手順、JEITA/ECALGA、RosettaNet、JX手順、EDIINT AS2、Chem eStandardsなど、対応するEDIプロトコルが多い点である。

 新バージョンは、この強みをさらに高めた。具体的には、ebXML MS 3.0準拠のクライアント機能を実装した。ebXML MS 3.0とは、サーバーに対してクライアントが定期的にアクセスし、情報を取得する「プル型」のEDIプロトコルである。前バージョンは、同プロトコルに準拠したサーバー機能のみ提供していた。今回のクライアント機能追加により、自社でのサーバー設置・運用が難しい中堅・中小企業におけるEDI利用を促進する。

 ACMS B2B 3.8と合わせて、ACMS E2X3.8も同日販売開始した。これは、EDIに加えてEAI機能を備える。価格はACMS B2B 3.8が100万円(税別)から、ACMS E2X 3.8が150万円(税別)から。パートナーを通じて販売する。

関連記事

SMB向け機能を強化したEDIパッケージ データ・アプリケーションは2011年7月29日、「ACMS B2B 3.8」を販売開始した。

PAGE TOP