[技術解説]

人間の感覚に近づくインタフェース技術 (Part 1)

2011年8月2日(火)

自然感覚を追求するユーザーインタフェース システムを操作するのはキーボードやマウスに限らない─。世の中には、人にとってより自然な操作性を実現するための、豊富なユーザーインタフェース技術が存在している。 パート1では、システムの操作性を飛躍的に高める、いくつかの要素技術を見ていく。栗原 雅、鳥越 武史(編集部)

IT機器と利用者との接点となる「ユーザーインタフェース」。これまでの首座はキーボードかマウスで、最近になってスマートデバイスに搭載されるタッチパネルが広く使われるようになってきたに過ぎない。進化が乏しかった領域とも言えるだろう。

ただし、最近実用化されたものや研究開発レベルのものに目をやると、操作性を劇的に変える可能性を秘めた豊富なインタフェース技術が存在する。それらは、単に「直感的な操作を可能とする」という枠を超え、人とITとの新しい関わりにも思いが及ぶ技術だ。

ここでは、技術開発や応用が進む(1)ジェスチャーインタフェース、(2)仮想現実、(3)拡張現実、(4)ブレインマシンインタフェースの4つの技術について見ていこう。

(1)ジェスチャーインタフェース
指示動作でシステムが動く

キーボードもマウスもいらない。必要なのは自分の体のみ。画面を右にスクロールしたければ、手を右にさっと振る。ボタンを押したければ、画面の前に広がる空間に向かって一押しする。人が誰かに指示を与えるときの動作として極めて自然な振る舞いを、システムの操作に利用するのが「ジェスチャーインタフェース」であり、既に実用化の段階に入っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

人間の感覚に近づくインタフェース技術 (Part 1)自然感覚を追求するユーザーインタフェース システムを操作するのはキーボードやマウスに限らない─。世の中には、人にとってより自然な操作性を実現するための、豊富なユーザーインタフェース技術が存在している。 パート1では、システムの操作性を飛躍的に高める、いくつかの要素技術を見ていく。栗原 雅、鳥越 武史(編集部)

PAGE TOP