[技術解説]

電力供給からデータ通信まで行方に注目したい“鋭い”技術 (Part 4)

2011年8月30日(火)

Edge of Technologies 具体的な応用イメージがまだわかないものまで含めると、“鋭い”技術は数多く存在する。 IPさながらに電力の送り先を制御するものや、人や物が持つ唯一無二の特徴を捉える技術など、 そんな将来の行方を見届けたくなるような技術の一端をパート4では紹介する。栗原 雅、鳥越 武史(編集部)

前パートまでに見てきたインタフェース技術やセンサー技術のほかにも、将来が楽しみな技術の研究が盛んに行われている。例えば、データ通信の分野なら「可視光通信(Visible Light Communication)」と呼ぶ技術は興味深い。文字通り、目に見える光を使ってデータを送受信する技術だ。無線と違って電波を用いないため、電磁波の人体への影響や、出力周波数/出力強度などの制約を解消できる。人間のように情報を記憶もすれば忘れもする「シナプス素子」も今後の進展が楽しみである。

ITで確立されている技術を参考にして、エネルギーの利用効率を高めようという研究も進められている。電力を分割し、IPパケットのように送信先を指定して送電する「電力のパケット化」である。実現すれば、全方位で一方的に流し続ける現在の電力供給は一変し、必要とする施設や機器に柔軟に送電できるようになる。

すでに身近な技術を応用する動きからも目が離せない。NECは指紋認証と顔認証を活用したメロンの個体識別技術を開発。産地偽装問題の一掃に期待がかかる。

アグリバイオメトリクス

アグリバイオメトリクス

果物の表皮の模様から個体を識別する技術。カメラで撮影した果物の画像から表皮の模様の特徴点を検出して識別する。NECが指紋認証と顔認証の技術を基に開発した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

電力供給からデータ通信まで行方に注目したい“鋭い”技術 (Part 4)Edge of Technologies 具体的な応用イメージがまだわかないものまで含めると、“鋭い”技術は数多く存在する。 IPさながらに電力の送り先を制御するものや、人や物が持つ唯一無二の特徴を捉える技術など、 そんな将来の行方を見届けたくなるような技術の一端をパート4では紹介する。栗原 雅、鳥越 武史(編集部)

PAGE TOP