アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

大量の明細データを管理しグループの業績管理を効率化

2011年8月26日(金)

GLOVIA SUMMIT GM/富士通、富士通マーケティング 富士通と富士通マーケティングは2011年7月12日、会計ソフト「GLOVIA SUMMIT GM」を発表した。グループ企業の経営情報を集約し、全社の実績や将来予測を可視化することで正確かつ迅速な意思決定を支援する。

子会社などの各システムが保有する明細データを一元管理することが可能だ。購買データや社員の交通費などのさまざまな情報を蓄積し、必要なデータを即座に利用できるようにする。1億件/月間の明細データを保存し、従来の500万件/月間より大幅に拡張した。

大量の明細データはインメモリー処理技術を活用することで、高速な処理を可能とする。

既存の業務システムと接続するための仕訳生成エンジンも用意した。各システムのデータに対してコード変換や項目のマッピングを実施。GMの標準フォーマットへ自動変換する。別途EAIツールを用いずに済むほか、連携するための個別開発費を抑制できる。仕訳生成エンジンにより、日本基準やIFRSなどの複数基準の仕訳を生成することも可能だ。価格は1ユーザーあたり40万円から。 (折川)

関連記事

大量の明細データを管理しグループの業績管理を効率化 GLOVIA SUMMIT GM/富士通、富士通マーケティング 富士通と富士通マーケティングは2011年7月12日、会計ソフト「GLOVIA SUMMIT GM」を発表した。グループ企業の経営情報を集約し、全社の実績や将来予測を可視化することで正確かつ迅速な意思決定を支援する。

PAGE TOP