[ザ・プロジェクト]

銀行の勘定系にLinux採用 パッケージ活用し9カ月の超・高速開発を実践【大和ネクスト銀行】

2011年8月9日(火)

銀行の勘定系といえば、高い信頼性を求められるシステムの代名詞。開発には長い期間をかけるのが当たり前だった。大和証券グループが設立した新銀行は、この常識を覆した。短期開発を成功させたのは、最新の開発ツールでも手法でもない。ユーザーとベンダーが同じ方向に向かって全力で走る信頼関係作りだった。聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:的野 弘路

鈴木 孝一 氏
鈴木 孝一 氏
大和総研 専務取締役(システム部門特別担当)
1979年に大和証券に入社。1996年から大和総研において証券システム開発部長を務めた後、同社の証券グループシステム事業本部部長、大和証券のシステム企画部長といった要職を歴任。2008年、大和証券の常務取締役に就任した。2011年4月より現職。レッドハットエンタープライズユーザー会(REUG)の会長でもある


須藤 厚 氏
須藤 厚 氏
大和ネクスト銀行 システム企画部 副部長
1992年、大和総研に入社し証券システム企画部に配属。大和証券グループの欧州拠点やグループ本社への出向を経て、2010年から大和ネットバンク設立準備に携わった。今回のプロジェクトでは、システム化全体構想および全体計画を策定した。現在、新銀行においてシステム改善や新サービスの企画立案などに従事している


水島 正美 氏
水島 正美 氏
大和ネクスト銀行 システム企画部 部長
北海道拓殖銀行を経て、1998年に大和インターナショナル信託銀行に入社。経営企画業務に従事した。2000年からは大和証券グループ本社におけるシステム企画や事業開発業務に携わり、2010年に大和ネットバンク設立準備会社へ出向。今回のプロジェクトでは、全体の責任者としてチームを率いた。2011年5月から現職


高橋 憲昭 氏
高橋 憲昭 氏
大和総研 第一システム本部 本部長
1985年、大和コンピューターサービス(現・大和総研)に入社。人事部長や経営企画部長を経て、2007年にシステムサービス本部長に就いた。2008年には大和証券へ出向し、システム企画部長に就任。主にリテール業務向けシステムを担当した。2010年から現職。今回のプロジェクトでは、プロジェクト推進本部の責任者を務めた


この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

銀行の勘定系にLinux採用 パッケージ活用し9カ月の超・高速開発を実践【大和ネクスト銀行】 銀行の勘定系といえば、高い信頼性を求められるシステムの代名詞。開発には長い期間をかけるのが当たり前だった。大和証券グループが設立した新銀行は、この常識を覆した。短期開発を成功させたのは、最新の開発ツールでも手法でもない。ユーザーとベンダーが同じ方向に向かって全力で走る信頼関係作りだった。聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:的野 弘路

PAGE TOP