データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

IT活用の要諦「データマネジメント」

2011年8月25日(木)

多様化するパッケージソフトや、充実するクラウドサービス。ITの世界は日進月歩で進化しているが、そうした最新テクノロジーの果実を得るには、自らのデータマネジメントのあり方を見直さなければならない。データの信頼性や整合性をいかに維持し、高品質なものとするか。その取り組み無くして、経営を支える情報システムは実現しない。

特集

今こそ実践!データマネジメント

企業システムの根幹を支える
企業から企業へ、部門から部門へ、人から人へ。ネットワークを介して24時間流れ続けるデータは、まさに情報システムの“血液”である。その血液をきれいにして、情報システムが持つ力を最大限に引き上げる「データマネジメント」への注目度が高まりつつある。国内企業の全体動向や先進企業の取り組み、実践の勘所を紹介する。

EAに挑む―データマネージメント最新動向

データの全体統制に向け知識体系をまとめたDMBOK
EAの取り組みの延長線上に柔軟な情報システムを具現化する上で、ますます重要性が高まっているのがデータマネジメントである。最新動向として、米国を中心に注目を集め始めたDMBOKにフォーカスを当て、その内容を概説する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

IT活用の要諦「データマネジメント」多様化するパッケージソフトや、充実するクラウドサービス。ITの世界は日進月歩で進化しているが、そうした最新テクノロジーの果実を得るには、自らのデータマネジメントのあり方を見直さなければならない。データの信頼性や整合性をいかに維持し、高品質なものとするか。その取り組み無くして、経営を支える情報システムは実現しない。

PAGE TOP