[新製品・サービス]

利用者に意識させずにIaaS上のデータを暗号化

2011年9月9日(金)

Trend Micro SecureCloud/トレンドマイクロ トレンドマイクロは2011年7月13日、クラウド上のデータを暗号化するサービス「Trend Micro SecureCloud」を発表した。クラウド、特にIaaS上で稼働するシステムのデータを利用者に意識させずに暗号化/複合化する。

その仕組みは次のようになる。IaaS上で稼働する仮想サーバー上にエージェントを導入する。エージェントは仮想サーバーの起動時に管理サーバーにアクセスして鍵を取得。ユーザーがデータをストレージから読み書きする際に、自動で暗号化/復号化する。

ポリシーに基づく鍵の配布制御が可能な点が特徴。仮想サーバーのIPアドレスやウイルス対策ソフトの有無などが、事前設定したポリシーに合致しなければ鍵を発行しない、といったことだ。米アマゾンウェブサービスの「Amazon EC2」と米ヴイエムウェアの仮想化ソフトで構築したIaaS上で利用できる。

エージェントのインストールや設定が必要になるため、トレンドマイクロはこのサービスをパートナー経由で提供する。料金はパートナーによって異なるが、米国では1ボリュームあたり月額1万円程度で提供している。 (鳥越)

関連記事

利用者に意識させずにIaaS上のデータを暗号化 Trend Micro SecureCloud/トレンドマイクロ トレンドマイクロは2011年7月13日、クラウド上のデータを暗号化するサービス「Trend Micro SecureCloud」を発表した。クラウド、特にIaaS上で稼働するシステムのデータを利用者に意識させずに暗号化/複合化する。

PAGE TOP