アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

PDF閲覧ソフトで実績のあるセキュリティ機能を作成ソフトにも搭載、アドビがAcrobatの新機能を披露

2011年9月15日(木)

 アドビシステムズは2011年9月15日、PDFファイル作成ツールの最新版である「Adobe Acrobat X(10)」が備えるセキュリティ機能に関する説明会を開催した。

 2011年6月にリリースした最新版の「Acrobat 10.1」では、「保護されたビュー」と呼ぶセキュリティ機能を搭載している。これは、編集やPDFへの埋め込みファイルの開封といった操作ができない、閲覧専用モードでPDFファイルを開くものだ。ファイルシステムやAPIといったOS機能へのアクセスを制限した状態でプログラムを動作させる「サンドボックス」技術を利用した。ユーザーに対する機能制限だけでなく、PDFに埋め込まれた悪意のあるプログラムがシステムに悪影響を加える、といったことも防げる。「ファイルが暴走したりウイルスが感染した場合でも、Acrobatの外部のシステムやプログラムに影響を及ぼさない」(米アドビシステムズでAcrobatを担当する山本 晶子シニアプロダクトマーケティングマネージャー)。

 サンドボックス技術は、同社のPDF閲覧ツール「Adobe Reader」のバージョン10で既に搭載している(機能の名称は「保護モード」)。「2010年11月にReader 10をリリースして以来、今日までにReader 10を標的としたゼロデイ攻撃はない。攻撃者にとって、サンドボックス技術をかいくぐるプログラムを開発するのはコスト的に見合わないためだと見ている」(米アドビシステムズのプロダクトセキュリティ・プライバシー担当シニアディレクターを務めるブラッド・アーキン氏)。

 アドビは、サンドボックス技術の適用を他の製品にも広げている。既にリッチクライアント実行環境である「Flash」や「AIR」に対しても、サンドボックス技術を適用済みだ。サンドボックス技術は米マイクロソフトや米グーグルと共同開発しており、例えばマイクロソフトはオフィスソフト「Office 2010」に、グーグルはブラウザ「Chrome」に事前導入しているFlash Playerプラグインに、サンドボックス技術を採用している。

関連記事

PDF閲覧ソフトで実績のあるセキュリティ機能を作成ソフトにも搭載、アドビがAcrobatの新機能を披露 アドビシステムズは2011年9月15日、PDFファイル作成ツールの最新版である「Adobe Acrobat X(10)」が備えるセキュリティ機能に関する説明会を開催した。

PAGE TOP