[新製品・サービス]

vSphereを採用した複数クラウドの連携機能を発表 データベースのプロビジョニングやバックアップの自動化も

2011年10月14日(金)

米ヴイエムウェア 米ヴイエムウェアは2011年8月29日、年次イベント「VMworld 2011」開催に伴い、クラウド関連の新製品/サービスを相次ぎ発表した(表)。同社の技術を用いたクラウドを展開するパートナー向けの製品やサービス強化が中心だ。

表 「VMworld 2011」期間中に発表した新製品、および機能強化した製品/サービス
表 「VMworld 2011」期間中に発表した新製品、および機能強化した製品/サービス

「Global Connect」は、異なるパブリッククラウドを連携するサービスである。各パートナーが提供するクラウドを、仮想的に1つに集約する。ユーザーは、広範な地域にまたがる複数のクラウドを、単一契約で利用できるようになる。海外拠点からでも近隣のデータセンターが提供するサービスを利用できるため、低遅延なアクセスが可能となる。vSphereやvCloud Directorといったヴイエムウェアの技術で構成するクラウドサービスが対象。

Global Connectで連携するのは当初、ソフトバンクテレコム、米Bluelock、シンガポールSingTelの3社が提供するクラウドサービス。同社はこれを、2011年末までに世界13カ国、25カ所のデータセンターまで広げる計画。

このほか、プライベートやパブリッククラウド間におけるワークロードを表示、転送する「vCloud Connector」を拡張。ネットワーク障害などで転送が中断した際、復旧時に自動で再開する機能を追加した。データベースのプロビジョニングや運用を支援する「vFabric Data Director」も同日、発表した。あらかじめ備える標準ポリシーに基づき、データベースを自動設定・管理できる。vFabric Data Directorで利用可能なデータベースとして、PostgreSQLと互換性のある「vFabric Postgres Relational Database」を提供する。(折川)

関連記事

vSphereを採用した複数クラウドの連携機能を発表 データベースのプロビジョニングやバックアップの自動化も 米ヴイエムウェア 米ヴイエムウェアは2011年8月29日、年次イベント「VMworld 2011」開催に伴い、クラウド関連の新製品/サービスを相次ぎ発表した(表)。同社の技術を用いたクラウドを展開するパートナー向けの製品やサービス強化が中心だ。

PAGE TOP