[マイ・オピニオン ITを巡る私の主張]

ICT改革でさらなる飛躍へ―求められる、経営トップやCIOの意識改革―(前編)

2011年10月3日(月)

バブル崩壊後のいわゆる“失われた20年”の間、長期のデフレと低成長が重なった日本経済の地盤沈下は、改善する気配さえ感じられない。先の大震災の影響が、先行きの不透明感に拍車をかける。

日本経済の長期低迷

GDP(国内総生産)の伸びを見ると、先進国の中では日本のみがほぼ横ばい、という状況だ。当然ながら税収は伸びず、国家債務残高の対GDP比は200%という、異常な状態となっている。30兆円とも言われる需給のギャップを埋められない状態が長く続いており、不況の出口はなかなか見えない。最大の原因は政治の混迷と拙劣にあることは明確だと私は考えるが、政官産学のいずれの分野においても、抱えている課題の多くを十分に克服できていないことは否定できない。

戦後日本の成長をリードし、支えてきた製造業においても、十分に課題解決の成果を挙げられないでいる企業は数多い。だが、新興国を中心に拡大を続けるグローバル市場や、様々な分野で進展するイノベーションの動きを捉えて、企業の成長と進化を追及することは経営者の使命である。日本企業は今、改めてビジネスの原点に立ち返り、顧客中心主義の下、たゆまぬ努力によって製品/サービスの競争優位性を維持しつつ、日本の再興に貢献していかなければならない。

日本企業の低い生産性

企業価値向上のためには、一般的に下記の項目を戦略的に進め、収益体質を確保する必要がある。

1. 製品/サービスの競争優位性や魅力を高め、世界の顧客の評価を得る 2. 製品/サービスを提供するあらゆる仕組みの改革/改善を進め、サプライチェーン全体を通して収益性の高いマネジメントシステムを追及する

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マイ・オピニオン ITを巡る私の主張一覧へ
関連記事

ICT改革でさらなる飛躍へ―求められる、経営トップやCIOの意識改革―(前編)バブル崩壊後のいわゆる“失われた20年”の間、長期のデフレと低成長が重なった日本経済の地盤沈下は、改善する気配さえ感じられない。先の大震災の影響が、先行きの不透明感に拍車をかける。

PAGE TOP