[マイ・オピニオン ITを巡る私の主張]

ICT改革でさらなる飛躍へ―求められる、経営トップやCIOの意識改革―(後編)

2011年10月5日(水)

デジタル情報革命は現在も進展中であり、恐らくまだ100年単位で続くだろう。筆者が初めて企業に就職した当時からわずか40年余りで、ICTの世界は様変わりした。現在のPCが持つ性能は、当時工場で使っていた汎用コンピュータを遥かに凌ぐ。マルチメディア機能に至っては、比較にならないほどだ。インターネットの普及も想像を超えている。

意識の改革が重要

これから50年、100年後のICT社会を正確に予測できる人は誰もいない。ICチップの集積度の向上や通信の高度化、端末類の使いやすさの進展、ソフトウェアやソーシャルメディアの充実といったことが、これらと関連するイノベーションとのシナジーによって無限の可能性が生まれる。社会やビジネスの変革は、過去40年の比ではないだろう。このICTの進展は業務のやり方やワークスタイルに変革をもたらす。それは企業にとって大きな儲けの源泉となる。情報システム部門は、単なるサポート部門ではなく、生産部門や開発部門と同様にビジネスの「本業」を担っているという意識に立って、ことにあたることが重要である。会社の新たな事業や市場、収益を生み出すという点で、情報システム部門は「本業部門」そのものなのである。

ICTの世界は、常にコンセプトやビジョンが先行する。しかも、その先行の度合いが著しく大きい。昔から、MISやSIS、CALSといった言葉がブームになっては消えていった。いずれも「経営情報管理システム」を目指したもので、あらゆる経営データが常時見える化され、場所や時間を問わずに素早い行動を可能にする、理想的なシステムである。昔は絵空事に見えたこのコンセプトも、様々なイノベーションの進展によって部分的には現実のものになりつつある。そのことにいち早く気付き、差異化に直結するシステムをものにすることで“果実”を享受している会社もある。こうした先進企業とそうでない企業との収益力格差は益々広がる。トップの意識改革が何より大事なのである。

情報システム部門/部門長は、ICTイノベーションが進展する時代のうねりを捉え、もっと自信とプライドをもって業務改革やワークスタイルの変革に努力してほしい。自分たちの仕事は、会社の将来を支える「本業」なのだ、という意識を持つことだ。何より重要なことは、ICT以前に、自社の製品/サービスの先にある顧客やマーケット、社会に目を向けることである。顧客の満足や評価を得るために営業はどうあるべきか、サービスをどうサポートすべきか、開発や生産は、といったことだ。

ポイントはアイデアにある。改革マインドの強い部門のキーパーソンとの連携を大事にし、アイデアを具体化するための先進ICTの利用方法を深く考え、積極的な提案をすることだ。これからはクラウドをはじめ、ソフトウェアの機能をインターネット経由で利用するスタイルが拡大する。ソフトウェアやソフトウェア+アドオン、手組みのアプリケーションを組み合わせ、自社の業務領域をカバ-するシステムを構築し、ビジネス全体の生産性アップを実現して、その成果を社内外に広く知らしめることが大切だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マイ・オピニオン ITを巡る私の主張一覧へ
関連記事

ICT改革でさらなる飛躍へ―求められる、経営トップやCIOの意識改革―(後編)デジタル情報革命は現在も進展中であり、恐らくまだ100年単位で続くだろう。筆者が初めて企業に就職した当時からわずか40年余りで、ICTの世界は様変わりした。現在のPCが持つ性能は、当時工場で使っていた汎用コンピュータを遥かに凌ぐ。マルチメディア機能に至っては、比較にならないほどだ。インターネットの普及も想像を超えている。

PAGE TOP