[技術解説]

視点 グランドデザインの本質とは Part 2

2011年10月11日(火)

「シンプルであること」を価値観に 事業の個性に応えるシステム構造を描く クラウドやソーシャルといった新たな潮流が次々と押し寄せる中で、企業ITはどこへ向かうべきなのか。 指針の1つとして今、「アーキテクチャ論」が活発化している。 企業システムのグランドデザインに携わる桑原里恵氏にその意義や必然性を聞いた。

ここにきて企業ITの「アーキテクチャ論」が活発化している背景には、世界経済と社会の価値観が変わり、経営環境が大きく変動する中で、事業構造の見直しが加速していることがある。新興国を含む本来の意味でのグローバル化、企業の垣根を越えたコラボレーション、インターネットによるリアルタイムの情報共有など。時代の変化を捉え、次の10年に向けて事業の枠組そのものを変える取り組みが進む。

その前提にあるのは、「企業ITは事業基盤である」という共通認識である。事業とITの一体化が進めば、IT化の如何はそのまま事業競争力につながる。当然、ITにも事業と同じ経営の価値観が要求される。

スピード、費用、変化対応力。事業と同じ目標に向けて、同じ集中力でITとしての役割を果たす。海外展開も組織再編も、あるいは新しいタイプの商品やサービスも、常にITが取り組みの中枢に関わる。事業の足かせとなるのか、それとも変化を加速し、イノベーションを支える存在となるのか。企業ITの実行力が問われている。

一方で、企業ITを取り巻く技術的な環境は大きく進化している。クラウド、モバイル、ソーシャルメディア。所有から利用へとIT投資が変わり、世界の英知を時差なく利用できる環境が整う。多数の選択肢があり、様々な取り組みの形がある。同時に、データの爆発的な増加やサイバー攻撃、トレーサビリティなど新たな課題も浮上している。企業ITもまた、新しい枠組への変化の時を迎えている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

視点 グランドデザインの本質とは Part 2 「シンプルであること」を価値観に 事業の個性に応えるシステム構造を描く クラウドやソーシャルといった新たな潮流が次々と押し寄せる中で、企業ITはどこへ向かうべきなのか。 指針の1つとして今、「アーキテクチャ論」が活発化している。 企業システムのグランドデザインに携わる桑原里恵氏にその意義や必然性を聞いた。

PAGE TOP