[技術解説]

動向 ベンダーが描くアーキテクチャ Part 4

2011年10月18日(火)

得意分野でリアルタイム性追求 新たな土俵にクラウド連携も ユーザー企業がシステムの「あるべき姿」を描くためには、ベンダーが掲げるアーキテクチャや、 それを具現化する製品/サービスに目を向けることも大切だ。パート5で解説する「ABA」も含め、 そこには多くの示唆があるからだ。本パートでは、海外/国内ベンダー各社がユーザーに向けて発信する メッセージを基に次世代のシステム像や製品戦略を整理した。折川 忠弘(編集部)

企業システムのグランドデザイン論として、大手ベンダーはどのようなメッセージを打ち出しているのか。

業務要件とITを密接に結び付けるビジョンを銘打つケースもあれば、自社製品群の全体像を整理するコンセプト、プラットフォームに柔軟性をもたらす方法論などもあり、そのレイヤーや意味づけは一様ではない。

ないまぜ感はあるにせよ、「各社CEOがユーザーに語りかける内容や、製品ポートフォリオの拡充状況を注視すれば、描くべきグランドデザインの重要なヒントが得られる」(アビームコンサルティング プロセス&テクノロジー事業部 ITマネジメントセクターリーダー 原一郎氏)のは事実だ。主要なベンダーのメッセージから見える次代のシステム像を探ってみよう。

経営とITの合致を目指す実践的アプローチ

次代のグランドデザインを明示的に打ち出す1社がIBMである。企業の情報システムに深く食い込んできた自負と責任感が背景にある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

動向 ベンダーが描くアーキテクチャ Part 4 得意分野でリアルタイム性追求 新たな土俵にクラウド連携も ユーザー企業がシステムの「あるべき姿」を描くためには、ベンダーが掲げるアーキテクチャや、 それを具現化する製品/サービスに目を向けることも大切だ。パート5で解説する「ABA」も含め、 そこには多くの示唆があるからだ。本パートでは、海外/国内ベンダー各社がユーザーに向けて発信する メッセージを基に次世代のシステム像や製品戦略を整理した。折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP