[シリコンバレー最前線]

鉄は熱いうちに十代のベンチャー精神を伸ばす

2011年10月6日(木)

ティーンエイジャー向けのコンテンツ開発コミュニティであるTeens in Techは2011年8月、シリコンバレーでカンファレンスを開催。十代の若者とその父母のほか、起業経験者、ベンチャーキャピタリストなど約300人がXeroxパロアルト研究所に集まった。

4度めを数えるこのカンファレンスは、若者の起業家精神を鼓舞するための催しである。筆者は野次馬よろしく2年前から参加している。最初に登壇したのは、アンドリュー・スー氏(20歳)だ。彼は10歳のときに大学教授になると決意した。猛勉強の末、12歳でワシントン大学に入学。神経生物学、生物化学、化学の学位を修めて同大を16歳で卒業後、スタンフォード大学大学院へと進んだ。

その彼は2010年、シール基金(Thiel Foundation)の奨学生に選ばれ、奨学金10万ドルを獲得した。シール基金とは、電子決済サービス大手であるPayPalの共同創立者だったピーター・シール氏が、若者の起業を支援することを目的に設立したNPOである。同氏は数々のスタートアップ企業に投資していることで知られている。Facebookに最初に投資したのも彼である。

奨学金を得たスー氏は今年4月、博士課程への進学が決まったところで大学院をドロップアウトし、ソーシャルラーニングゲームの開発会社Airy Labsを創立した。8月時点ですでに、Google VenturesやFoundation Capitalといったベンチャーキャピタルのほか、個人投資家から総額150万ドルの投資を受けた。現在、従業員は12人。彼自身、朝から翌朝の午前3時〜4時まで仕事に没頭している。1週間の労働時間は100時間に及ぶという。スー氏がこうした過酷な労働に耐えられるのは、強靭な体を持っているからである。東洋系である彼の体格はスリムだが、小学生のときは水泳、大学に入ってからは柔道で体を鍛えた。水泳は今でも続けている。その彼は、会場の若者たちに向かって、「『世界を変えよう』という情熱を持って、好きなことをやろう」と呼びかけた。

写真1 Xeroxパロアルト研究所 写真1 Xeroxパロアルト研究所
写真2 Airy Labsのアンドリュー・スーCEO 写真2 Airy Labsのアンドリュー・スーCEO
写真3 TruantTodayのザック・クコフCEO 写真3 TruantTodayのザック・クコフCEO

最年少は16歳

講演者のなかで最年少だったのは、16歳のザック・クコフ君だ。2010年、彼が高校2年生の時に創業した「TruantToday」は、生徒が授業を無断欠席した際、その親のスマートフォンにインスタントメッセージやメールを自動送信して報告するサービスである。「1人の生徒が無断欠席すると、先生は家庭への連絡その他の事務作業が増える。結果として、学校にとって1日30〜50ドルの損失を生む」。クコフ君はそう言って、自社サービスのメリットを説明した。すでに、彼が住むロサンゼルスの高校ではこのサービスを採用し、無断欠席率を劇的に改善させたほか、不登校の予兆を早期に把握する効果を得ている。ロサンゼルス以外でも、同サービスを採用する高校が徐々に増えているという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

鉄は熱いうちに十代のベンチャー精神を伸ばす ティーンエイジャー向けのコンテンツ開発コミュニティであるTeens in Techは2011年8月、シリコンバレーでカンファレンスを開催。十代の若者とその父母のほか、起業経験者、ベンチャーキャピタリストなど約300人がXeroxパロアルト研究所に集まった。

PAGE TOP