[製品サーベイ]

モバイル端末から社内ネットワークに安全にアクセス 認証機能の強化や設定の効率化が進む

2011年10月13日(木)

スマートデバイス向けセキュアアクセスサービス モバイル端末を企業が本格導入する場合、端末から社内ネットワークにいかに安全に接続させるかが問題になる。ここにきて、VPNや閉域網といった通信経路を使い、安全な通信手段を提供する「セキュアアクセスサービス」のラインナップが充実してきた。

外出先から社内の基幹業務システムにアクセスし、部材の在庫情報を確認。もし不足があれば即座に調達指示を出す─。リアルタイム性を重視した業務スタイルを追求する上で、スマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスが大いに役立つ。

スマートデバイスから社内システムにアクセスするとなれば、適切なセキュリティ対策が不可欠となる。特に社外から社内ネットワークにアクセスするケースの多いスマートデバイスにおいては、データをやり取りする通信経路の安全性の確保は必須事項だ。

こうした背景から、スマートデバイスから社内ネットワークへの通信経路の安全性確保を容易にするサービス(セキュアアクセスサービス)が登場し始めた。今回は導入や検討が進みつつある、アップルのiOSとグーグルのAndroid搭載端末を対象としたサービスに焦点を当てて紹介する。

[サービスの特徴]
VPNや閉域網で通信を保護

セキュアアクセスサービスは、スマートデバイスから社内ネットワークまでに安全な通信経路を提供するサービスだ。VPNや閉域網といったセキュアな通信手段を利用することで、これを実現する。デバイスの接続検証や認証システムの構築/運用といった作業はサービス事業者が担うので、ユーザー企業にとっては手間を減らしつつ安全性を確保できるメリットがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

モバイル端末から社内ネットワークに安全にアクセス 認証機能の強化や設定の効率化が進む スマートデバイス向けセキュアアクセスサービス モバイル端末を企業が本格導入する場合、端末から社内ネットワークにいかに安全に接続させるかが問題になる。ここにきて、VPNや閉域網といった通信経路を使い、安全な通信手段を提供する「セキュアアクセスサービス」のラインナップが充実してきた。

PAGE TOP