[木内里美の是正勧告]

料理から学ぶソフトウェア開発の極意

2011年10月17日(月)

イタリアンの名店アルポルトのオーナーシェフである片岡護さんを囲む料理教室を体験する機会があった(写真)。筆者が参加している異業種交流の会があって、そのメンバーのひとりの粋な計らいで会のメンバー向けに特別に開催していただいた。もともと食にも料理にも興味があり、見様見真似と試行錯誤で気が向けば簡単な家庭料理くらいは作るが、本格的に「料理を学ぶ」のは初めてだった。

片岡シェフ(右)と。料理だけでなく、教え方もうまい 片岡シェフ(右)と。料理だけでなく、教え方もうまい

メニューは鶏モモ肉の香草風味ローストと、スパゲッティアマトリチャーナというトマトソース系のパスタの2品。レシピとメモを片手に、まずは片岡シェフの実演と説明を聴く。食材の解説を交えながら手際よく調理が進む。トマトソースひとつをとっても玉ねぎとニンニクをとろ火で1時間も炒め、トマトと調味料とバジリコを加えて更に30分も煮込むのである。それを丁寧に裏漉して出来あがる。下拵えが半端ではないのだ。

料理は着々と進んで2品が出来あがった。盛り付けも美しく食欲をそそる。引き続きメンバー各自の実践だ。完成品のイメージをしっかり持って、頭の中で手順を確認する。よく聴いていたつもりでもメモを見ないと細かな手順を忘れている。2品を同時に仕上げなければならない。調理台に向かうとなんだかとてもワクワクしてきた。

料理とソフト開発は似ている

料理らしい料理を学んだのは初めてだったが、有り合わせの食材で家族の食事を作ったりする時、常々感じていたことがある。料理はとてもクリエイティブな行為であることだ。作る料理を決めて食材の買物をする。これも楽しい。時には冷蔵庫や材料庫にある食材を眺めながらイメージを作り料理を決める。レシピを考え(時に調べて)、数品を同時に仕上げるための手順をシミュレートをする。下拵えを始める。下拵えをしながら先の工程を考えている。プロセスはゲームのようだ。

作りながら食器を整え使い終わった調理器具を洗い片付ける。これが順調にいくと嬉しい気分になる。手順を間違えると手戻りや修正が必要になって慌てる。大げさではなく時間との勝負がある。それがチャレンジ心を高める。自分のためにではなく誰かのために作ることにモチベーションがある。そして結果がすべてだ。タイムリーに仕上がり、美味しくなければ料理ではない。美味しそうに食べてくれている姿を見る時が至福の時だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

料理から学ぶソフトウェア開発の極意 イタリアンの名店アルポルトのオーナーシェフである片岡護さんを囲む料理教室を体験する機会があった(写真)。筆者が参加している異業種交流の会があって、そのメンバーのひとりの粋な計らいで会のメンバー向けに特別に開催していただいた。もともと食にも料理にも興味があり、見様見真似と試行錯誤で気が向けば簡単な家庭料理くらいは作るが、本格的に「料理を学ぶ」のは初めてだった。

PAGE TOP