[マイ・オピニオン ITを巡る私の主張]

ジョブズ氏に捧ぐ

2011年10月12日(水)

米アップル社の創業者の1人であるスティーブ・ジョブズ氏の訃報が流れたのは、10月5日。最新版のiPhone 4S発表の翌日だった。4Sを「for Steven」と読み替える人がいるくらいに運命的なタイミングでもあった。今年に入ってからの様子から、悲報を聞く日は遠くないだろうと覚悟の思いを抱きつつも、通告は冷酷で虚無なものだった。TwitterにもFacebookにも次々と哀悼の言葉が流れていた。

筆者の事務所の近くにあるアップルストアには、花を手向ける人の姿があった。これほどまでに親しく人の心を捉えていたものは何なのだろうか?カリスマ的な経営手腕を称える人も多いが、それは結果に過ぎない。彼の素晴らしさは人々に感動を与えることができるアーティストであったことだと筆者は思う。

技術は昇華していくとアートになる。ジョブズ氏がカリグラフィに強く興味を持ち、リード大学の講座で学んだことが美しいフォントを生んだ。創業者でありながらアップル社を追われ、立ち上げたアニメーションスタジオのピクサーが高評価されたことも同じことだ。そのことを2005年のスタンフォード大学の卒業生に向けた祝賀スピーチでも述懐している。そして前年に宣告された病のことも。

ジョブズ氏は病を抱えながら、コンピュータを楽しく使えるアートの領域まで引き上げようとした偉大なアーティストなのである。そのジョブズ氏を失った喪失感は大きすぎる。強い精神力で淀みなく作品を世に送り、絶妙な引き際で舞台から降りた。その振る舞いと業績に心からの哀悼と敬意を表したい。

ジョブズ氏やアップルから受けた影響

アップル社のコンピュータに触れたのは1990年だった。それまで筆者にとってコンピュータと言えば、ほとんどが土木設計の解析や技術計算にしか使うことはなかった。ロジック通りに高速で処理できればよい道具だった。1990年に設計部門での新しいコンピュータ利用を考えるミッションを与えられ、仲間と手探りで到達したのがMacintoshだった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
マイ・オピニオン ITを巡る私の主張一覧へ
関連記事

ジョブズ氏に捧ぐ米アップル社の創業者の1人であるスティーブ・ジョブズ氏の訃報が流れたのは、10月5日。最新版のiPhone 4S発表の翌日だった。4Sを「for Steven」と読み替える人がいるくらいに運命的なタイミングでもあった。今年に入ってからの様子から、悲報を聞く日は遠くないだろうと覚悟の思いを抱きつつも、通告は冷酷で虚無なものだった。TwitterにもFacebookにも次々と哀悼の言葉が流れていた。

PAGE TOP