[ザ・プロジェクト]

事業部ごとにサイロ化したWebサイトをCMSで統合 会員情報の一元化などで売上高拡大の成果も【日本能率協会マネジメントセンター】

2011年10月24日(月)

Webサイトが重要なビジネスチャネルになるのに伴い、その基盤整備に力を注ぐ企業が増えている。中核となるのは、コンテンツの配信や複数Webサイトの統合管理を容易にするCMS(コンテンツ管理システム)だ。事業部ごとにサイロ化したWebサイトをCMSで統合した日本能率協会マネジメントセンターのプロジェクトを紹介する。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

市川 真大 氏
市川 真大 氏
日本能率協会マネジメントセンター 情報システム部 次長
1998年4月に日本能率協会マネジメントセンターに入社。通信教育事業本部にて、事業部内業務システムの保守・改善などの業務に従事する。2005年4月、総務部業務・システム推進室(現在の情報システム部)へ異動し、基幹系システム刷新プロジェクトをけん引する。2009年4月より現職。現在は全社のIT計画・施策・投資を管理している


本間 秀一 氏
本間 秀一 氏
日本能率協会マネジメントセンター 情報システム部 主任
2001年4月、日本能率協会マネジメントセンターに入社。HRM開発本部にて、Webサービスの保守や改善などの業務に従事する。2006年4月に総務部(現在の情報システム部)へ異動。全社Webサイトのリニューアルを手がける。2011年4月から現職。引き続き、全社Webサイトの運営管理のほか事業部内業務システムの保守や改善を担当している


─  「能率手帳」は多くのビジネスパーソンが知るところですが、それを扱っている貴社の名前をスラスラ言える人は少ないような気がします。改めて事業内容を教えてください。

市川: 手帳や日誌などの商品を開発・販売する「ビジネスツール事業」のほかに「出版事業」、そして通信教育や社員研修からなる「人材育成事業」と大きく3つの柱があります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

事業部ごとにサイロ化したWebサイトをCMSで統合 会員情報の一元化などで売上高拡大の成果も【日本能率協会マネジメントセンター】 Webサイトが重要なビジネスチャネルになるのに伴い、その基盤整備に力を注ぐ企業が増えている。中核となるのは、コンテンツの配信や複数Webサイトの統合管理を容易にするCMS(コンテンツ管理システム)だ。事業部ごとにサイロ化したWebサイトをCMSで統合した日本能率協会マネジメントセンターのプロジェクトを紹介する。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP