[About this Issue]

ナレッジナビゲータを知っているか?

2011年10月31日(月)

本号から「About this Issue」と題して、時々に感じたことや思ったことを織り交ぜつつ、当該号の内容や見所を紹介する。よろしくお付き合い願いたい。

写真 ナレッジナビゲータのモックアップ 写真 ナレッジナビゲータのモックアップ

「ナレッジナビゲータ(Knowledge Navigater )」というコンピュータをご存じだろうか。製品ではなく、米Apple社(当時はApple Computer社)が1988年に発表したビデオに出てくる、未来のパソコンのコンセプトワークである(ビデオはYouTubeで閲覧できる)。人工知能(AI)を備え、ユーザーが話しかけると音声で応答して情報の検索や処理、例えば予約などをこなす、折りたたみ可能なモバイルデバイスだ(写真)。現代の眼から見ると、いささか不格好に思えるが、当時は斬新かつ画期的なコンセプトだった(当時はAIブームでもあった)。

ナレッジナビゲータを発表したのは、1988年当時、アップルのCEOを務めていたジョン・スカリー氏。10月初めに惜しまれながら死去したスティーブ・ジョブズ氏ではない。ジョブズ氏は1985年にアップルを去っており、ナレッジナビゲータとは直接関係なかったとされる。だがiPhone、iPadというジョブズ氏の“作品”を見る限り、それらがナレッジナビゲータを具現化し、超えようとしていたかに見える。これらデバイスの裏側に知識ベースを用意すれば、すなわちナレッジナビゲータとほぼ等価になるからだ。iCloud、そして日本語には未対応だが最新のiPhone4Sで強化された音声認識機能は、そのことを強く想起させる。

四半世紀を経て、パーソナルコンピュータがナレッジナビゲータに進化しつつある今、企業情報システムはそれに追従しているだろうか?あるいは追従させるには、何が必要だろうか?少なくとも我々企業ITの関係者、つまりITリーダーは、ジョブズ氏の作品を初めとする新たなITの成果の活用に、少なくともブレーキをかけないように、可能なら加速させなければならない。

さてAbout this Issue=本号の内容である。特集は「クラウド2.0の幕開け」。「○○2.0」という表現は、ともすれば新しさを強調するための常套手段ととられがちだが、この特集はそういう意図ではない。クラウドと言えばIaaSにしろ、SaaSにしろ、日本では特定のサービスを利用するイメージが強い。だがクラウド2.0では複数のサービスを組み合わせ、必要なシステムを構成する形になる。お読みいただければ、2.0と銘打った意図を理解いただけるはずだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

ナレッジナビゲータを知っているか? 本号から「About this Issue」と題して、時々に感じたことや思ったことを織り交ぜつつ、当該号の内容や見所を紹介する。よろしくお付き合い願いたい。

PAGE TOP