[市場動向]

序論 お仕着せクラウドからの脱却

2011年11月1日(火)

スケジュールを「Googleカレンダー」で管理し、そこに「Toodledo」や「Remember The Milk」で別途管理している備忘録も表示させる。日頃のメモは片っ端から「Evernote」入れ、オンラインストレージには「Dropbox」を活用。TwitterやFacebookなど複数のソーシャルメディアを使いこなすに当たっては、「HootSuite」や「Seesmic」といったマルチソーシャルクライアントで最新情報をチェックする…。

個人の領域では、こうした「合理的で便利な環境」がすでに整っている。場所やデバイスを選ばずに必要な情報にアクセスできる機動力もさることながら、そこには「組み合わせ」の醍醐味がある。多数の選択肢から好みのものを選べるし、意図せぬところでサービス提供元が他と協業して新たな価値をもたらしてくれることもある。競争が激しい分野だけに、いずこも機能強化に余念が無くサービスは日ごと成長し続ける。帯に短したすきに長しと考えている矢先に、ニーズにぴったりのものが登場するケースも珍しくはない。1人ひとり異なるライフ/ワークスタイルに合わせて、理想に近い環境を「自らのデザイン」で創れるのだ。

ユーザーの意思で企業ITをデザインする

コンシューマ分野で先行していた「チョイス&カスタマイズ」の価値観が、企業ITの分野にも波及しようとしている。2011年9月、米ワークデイ(財務会計/人材管理)や米インフォア(ERP)が、セールスフォース・ドットコムのクラウド基盤と連携を図ることを発表したのは、その典型例の1つととらえられる。米国ではすでに、企業向けのクラウドサービスが続々と登場し市場の裾野を広げ続けている。それに加え、大手ベンダーがクラウドの世界で手を組み始めたことが、ユーザーの自由度をさらに高めるとの期待がある。

クラウドといえば、CRM(顧客関係管理)や勤怠管理など特定領域に焦点を絞った「ターンキー」型のサービスを企業ITの一部に利用するのが今なお主流だ。どちらかと言えば、ベンダーからの“お仕着せ”をそのまま使う感覚である。しかし、企業向けクラウドサービスの数が今後は大幅に増えること、そしてサービス事業者が“横連携”を始めたことを考えると、従来からの構図は様変わりしそうだ。

クラウドのエコサイクルを加速させる

企業ITを各種クラウドの組み合わせで構成できる環境は、“ユーザー起点”の理想的なサイクルを生む。ビジネス価値を高めるキメ細かいサービスの登場を促し、さらに仲介やコンサルティングといった新しいクラウドサービスのニーズも生む。事実、米国では多彩なプレーヤを交えた巨大なエコシステムが形成されつつある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

序論 お仕着せクラウドからの脱却 スケジュールを「Googleカレンダー」で管理し、そこに「Toodledo」や「Remember The Milk」で別途管理している備忘録も表示させる。日頃のメモは片っ端から「Evernote」入れ、オンラインストレージには「Dropbox」を活用。TwitterやFacebookなど複数のソーシャルメディアを使いこなすに当たっては、「HootSuite」や「Seesmic」といったマルチソーシャルクライアントで最新情報をチェックする…。

PAGE TOP