[市場動向]

システム起点から利用起点へ Part 1

2011年11月8日(火)

システム起点から利用起点へ 『非所有』を超えて広がる価値とシステム像 修理担当者の端末には地図に訪問先、顧客の機器構成そして画像マニュアル。 その場で部品手配。顧客が画面にサインし、写真付きレポートを即情報共有…。 モバイル、地図、画像、CRMなど最新の技術要素を組み合わせたシステム。 クラウドは企業ITに新しい常識と可能性を創り出す。"活かす発想"を考える。

クラウドの特徴である「非所有」は、資産や費用との関わりだけでなく、「システムの成長を誰が判断するのか?」を意味している。

クラウドではサービスの提供者が自身のタイミングでシステムを更新する。利用側に拒否する権利はない。使用機能の選択があるだけだ。個人向けサービスでは事前の予告もなく、気がついたら変わっていたということがよくある。プライベート・クラウドでも、共通部分は更新の適用が原則だ。構造上の理由であると共に、「進化はよいこと」という共通認識に立っている。

従来の自社開発では、当然のこととして、ユーザー企業が自分で「いつ、何を改変するのか」を判断した。今のクラウドと比べれば、更新の頻度はずっと低い。パッケージでは製品の改変内容と時期はベンダーが決めるが、反映の如何はユーザー企業に委ねられる。実際、問題修復のパッチは運用業務として日常化しても、機能強化の更新まではなかなか手が回らない。

一般に、手組みでもパッケージを使っても、大きな改変は何年かに一度。使用する製品モジュール間や他環境との相性で、否応なく更新に迫られる例も少なくない。結果、更新はいつも大仕事になり、ますます遠ざかっていく。そして何度目かの再構築が訪れる…。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

システム起点から利用起点へ Part 1 システム起点から利用起点へ 『非所有』を超えて広がる価値とシステム像 修理担当者の端末には地図に訪問先、顧客の機器構成そして画像マニュアル。 その場で部品手配。顧客が画面にサインし、写真付きレポートを即情報共有…。 モバイル、地図、画像、CRMなど最新の技術要素を組み合わせたシステム。 クラウドは企業ITに新しい常識と可能性を創り出す。"活かす発想"を考える。

PAGE TOP