[海外動向]

最新技術でデータの大規模化と複雑性を克服 米TeradataはDWHの最新版「14」を発表

2011年11月2日(水)

PARTNERS2011(2011年10月2日〜6日)米サンディエゴ/米Teradata 10月初旬、米カリフォルニア州サンディエゴで、米Teradataのユーザーカンファレンスが開催された。今年のテーマは「複雑性の克服」。基調講演や事例セッション、展示会の模様を報告する。

Conquer Complexity=Bigdataをはじめとするデータの大規模・複雑化を、最新の情報技術で克服せよ─。この言葉をメインテーマに掲げた米Teradataの年次ユーザーカンファレンス、「PARTNERS」が10月2日〜6日、米サンディエゴで開催された。データ資産をマネタイズ(収益化)するのも、もう1つの重要なテーマだ(写真1)。

写真1 基調講演の模様。複雑性の克服に向け、データ資産の活用を訴求した
写真1 基調講演の模様。複雑性の克服に向け、データ資産の活用を訴求した

参加者数は3000人超。4万5000人が参加した同時期開催のOracle Open Worldとは比較にならないが、ことデータ分析・活用の領域では米Teradataが強みを発揮。OracleやIBMなどとの競合が厳しさを増す中で、順調に新規ユーザーを獲得している。ユナイテッド航空やサブウェイなどがその例だ。リーマンショックを超える経済危機にもかかわらず、いや、だからこそ欧米企業はデータの高度活用に力を注いでいると言っていいだろう。

基調講演
「複雑さは、チャンスである」

「企業を取り巻く状況は複雑性を増している。それをネガティブに捉える向きが多いが、ポジティブに捉えれば大きな機会とチャンスが広がる」。基調講演は、カンファレンスの実行委員長を務めたエリン・レッドショウ氏(Loblaw社のETL担当上級マネジャー)の言葉から始まった。

日本ではなじみがないLoblaw社だが、従業員13万6000人、1000の店舗を擁するカナダ最大の小売チェーンだ。「SAPリテールの世界最大級のユーザーである当社では以前、情報のサイロが乱立し、社員は事務作業の多さに圧倒されていた。今、DWHで正確なデータを管理、意思決定できる環境を整えつつある。我々は2011年を”データの年”と位置づけ、顧客ロイヤリティプログラムや比較ショッピングへの対応、ソーシャルマーケティングやターゲットマーケティングを実践していく。鍵になるのは複雑性への対処であり、これは一朝一夕に解決できない。1つひとつを着実に実践することが必要だ。それを今回のカンファレンスでつかんでほしい」(同氏)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

最新技術でデータの大規模化と複雑性を克服 米TeradataはDWHの最新版「14」を発表 PARTNERS2011(2011年10月2日〜6日)米サンディエゴ/米Teradata 10月初旬、米カリフォルニア州サンディエゴで、米Teradataのユーザーカンファレンスが開催された。今年のテーマは「複雑性の克服」。基調講演や事例セッション、展示会の模様を報告する。

PAGE TOP