[新製品・サービス]

ニュースフラッシュ 新製品・サービス編(2011年11月号)

2011年11月4日(金)

1カ月間に発表された主要な新製品・サービスをご紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

クラウドサービス

リソースや日々の課金状況をポータルで管理

IDCフロンティアは2011年9月20日、クラウドサービス「NOAHセルフタイプ」を提供開始した。Webポータルから必要な時に必要なシステム資源を調達できる。複数の仮想マシンを監視したり、日次や週次単位でスナップショットを作成したりする機能を用意。今後は負荷に応じてシステムを自動的に拡張/縮小できるようにする。従量課金の場合、1時間あたり5.25円から。月額課金も選択可能。

堅牢ノートPC

工場や屋外の作業現場でも安定稼働するノートPC

NECは2011年9月20日、防塵/防滴機能を備えたノートPC「ShieldPRO」の新版「FC-N22G」を発売した。プロセサを刷新し、従来機「FC-N22A」に比べて処理性能を約2.5倍に向上した。−20〜50℃までの環境下で稼働するハードディスクや、屋外でも変形や変色しにくいディスプレイを採用し、耐環境性能を高めた。価格はオープン。

クラウド構築

迅速なプライベートクラウド構築を支援

住商情報システムは2011年9月20日、クラウド構築ソフト「CloudStack」とリソース管理ソフト「CloudPortal」を発売した。両者をセットで提供する。前者は複数のハイパーバイザーを組み合わせたプライベートクラウドを構築し、後者はユーザー認証やリソースの利用状況などをポータルから管理する。価格は管理サーバー1台、仮想マシン実行用サーバー5台の構成で150万円から。

バックアップ

物理/仮想環境を問わずリカバリ先を指定可能に

ラネクシーは2011年9月21日、サーバー用バックアップソフト「ShadowProtect 4 Server BOX」を発表した。バックアップしたデータを他のサーバーや仮想環境へ復元したり、スナップショット機能を備え、サーバーをシャットダウンせずにバックアップしたりできる。リカバリする対象をファイルやフォルダ単位で指定し、復元作業を実施することも可能。価格は11万4500円。

仮想環境構築

仮想環境の複雑性を解消して導入/運用を簡素化

日本HPは2011年9月27日、数百から数千台規模の仮想マシンを集約するアプライアンス「HP VirtualSystem for VMware」を発表した。同社のサーバー、ストレージ、運用管理ソフトと、ヴイエムウェアのサーバー仮想化ソフト「VMware vSphere 5」などをセットで提供する。仮想マシンを約400台まで集約できる「HP Virtual System VS1 Solution for VMware」の価格は2600万円から。

クラウドストレージ

使用容量に応じて2通りの課金体系を選択可能

ニフティは2011年9月29日、ストレージをクラウド経由で利用する「ニフティクラウドストレージ」の販売を開始した。Webブラウザを使ってストレージ領域を管理するほか、APIを用いて他のWebサービスなどと連携が可能。大容量データを分割してアップロードする機能を備え、データ転送時間を短縮できる。従量課金と月額固定料金を選択でき、従量課金は1GBあたり42円(最初の1TBまで)。

データベース

PostgreSQLをベースに商用向け機能を強化

アシストは2011年10月3日、データベース管理ソフト「Postgres Plus Advanced Server」を発表した。オープンソースの「PostgreSQL」に運用管理や性能監視、性能診断などの機能を追加した。レプリケーションやマイグレーション機能を標準で備え、商用RDBMSとのデータ連携や移行をしやすくする。年額料金は1プロセサあたり33万円から。

DaaS

スマートデバイスからDaaSを利用可能に

GMOクラウドは2011年10月3日、DaaS「IQcloud Desktop」の申し込み受け付けを開始した。同社のクラウドと米Desktone社のデスクトップ仮想化環境を構築するソフトを組み合わせて提供する。PCのほか、スマートフォンやタブレット端末からデスクトップ環境にアクセスできる。月額料金は25人までの場合で1ユーザーあたり4200円、初期費用は不要。

シンクライアント

多様化する業務形態に応じたラインナップを用意

ワイズテクノロジーは2011年10月4日、シンクライアント3機種を発表した。「Wyse T50」は省スペース型のローエンドモデルで、独自ファームウェアにより約20秒で起動できるという。2コアプロセサ搭載の「Wyse Z90」は3D CADなどの用途を想定するハイエンドモデル。14型のモニタを備えるノートモデル「Wyse X90mw」もAMD製の2コアプロセサを搭載する。価格はT50が約2万円など。

会議運営管理

iPadを使って会議の準備や進行を効率化

みずほ情報総研は2011年10月5日、iPadを利用した会議ソリューション「MHIR+SMART-1」を発表した。iPadへ会議資料を配布したり、発言者が開いた資料のページを全端末で共有したりできる。資料に公開期限を設け、期間以外は閲覧不可にすることが可能。各端末が録音した音声をテキスト化する議事録作成機能をオプションで用意する。価格はiPadを50台まで利用する場合で350万円。

ビデオ会議システム

スマートデバイスを用いて遠隔から会議に参加

日立製作所は2011年10月5日、ビデオ会議システム「NetCS-HD」にAndroid搭載端末からアクセスできるオプション機能を追加したことを発表した。専用アプリをインストールすることで会議用端末として利用できる。3拠点の映像を同時表示でき、会議資料などを参照することも可能。Wi-Fi通信と3G回線のどちらにも対応する。価格は個別見積もり。

ネットワーク

海外拠点間のネットワーク構築を安価で手軽に

IIJグローバルソリューションズは2011年10月14日、200カ国以上と接続可能なフルマネージド型インターネットVPNサービス「Net de! World」の提供を開始した。アクセス回線やISPの選択から、現地でのインフラ構築、運用までを一手に引き受ける。利用者は導入に伴う煩雑な手続きを経ずに、VPNの価格メリットを享受できる。日本とタイを1Mbpsで接続する場合、月額20万円程度となる。

関連記事

ニュースフラッシュ 新製品・サービス編(2011年11月号) 1カ月間に発表された主要な新製品・サービスをご紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

PAGE TOP