[青木顕子のスウェーデンIT通信]

“ソーシャルトラベル”の台頭で、旅行ガイドブックは過去のものに?(Vol.14)

2011年11月9日(水)

夏時間から冬時間に切り替わり、日がぐっと短くなる。ゆっくりと昇る朝日を眺めながら、長く暗い冬の到来に少しずつ気持ちを準備する──。お決まりのように、太陽を求めてヨーロッパ南部を目指すチャーター旅行が人気となるこの季節、スウェーデンで注目されるソーシャルトラベルの話題をお伝えしよう。

■旅の計画もソーシャルメディアを活用

スウェーデンにおいても、ソーシャルメディアは急速に社会に広がりつつある。とりわけホットな市場の1つが「旅行」だ。旅行の準備をする時、旅の便りをしたためたり記録を残したりする時などに、およそ半数の人がソーシャルメディアを活用しているという。

調査会社、Kairos Futures for Parks and Resortsの発表が興味深い。同社の調べによると、およそ44%のスウェーデン人が、旅行期間中または帰国後に写真やビデオクリップをソーシャルメディアにアップロードしている。Eメールへの添付で知人と共有する(26%)という人もいるが、Facebook(22%)や、ブログやTwitter(7%)など、ソーシャルの存在感は確実に増している。まだ2パーセントと少数だが、旅の記録を出発前からスタートさせるというヘビーユーザーも出てきている。

こうしたニーズへの対応に、旅行業界も様々な手を打ち始めた。スウェーデンでは最近、「ソーシャルトラベルサービス」が話題を呼んでいる。ほんの一部ではあるが、以下に代表的なサイトを紹介しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連記事

“ソーシャルトラベル”の台頭で、旅行ガイドブックは過去のものに?(Vol.14)夏時間から冬時間に切り替わり、日がぐっと短くなる。ゆっくりと昇る朝日を眺めながら、長く暗い冬の到来に少しずつ気持ちを準備する──。お決まりのように、太陽を求めてヨーロッパ南部を目指すチャーター旅行が人気となるこの季節、スウェーデンで注目されるソーシャルトラベルの話題をお伝えしよう。

PAGE TOP