[中国電脳事情]

【中国電脳事情】中国が米国を抜き世界最大のPC市場に など(第22回)

2011年11月17日(木)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

中国が米国を抜き世界最大のPC市場に

─ 北京商報(8/24)

リサーチ会社IDCの最新統計によると、今年4〜6月の中国市場におけるPC出荷台数が1850万台(前期比14%増)に達した。同期の米国は1770万台(同4.8%減)にとどまる。出荷台数で見る世界シェアは、中国が22%で米国より約1%高い。出荷全額で見ても中国が119億米ドルで、米国の117億米ドルを上回った。このように、四半期ベースでは、中国が世界最大のPC市場に躍り出たことになる。

IDCアナリストのブライアン・マー氏は、「2011年の通年で見た中国の推定PC出荷台数は約7240万台で、米国より約100万台少ない水準に落ち着く。だが2012年、中国の出荷台数はさらに18%増加する可能性があり、その場合は米国の7660万台規模を超えて、年間指標でも世界最大の市場となる」と予測する。

モノのインターネット第12期5カ年計画が登場へ

─ 中国証券報(8/23)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】中国が米国を抜き世界最大のPC市場に など(第22回) 中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP