[最前線]

稼働率100%に向けた3つのポイント 計画的リプレース、運用、そして人

2011年12月5日(月)

東京カンテイ、2年間ゼロダウンタイムを達成 システムは止まる、無謬性はない、というのが情報システムに携わる者の本音ではないだろうか。 しかし利用者が「動いて当たり前」と考える以上、ゼロダウンタイムを目指して手を尽くすのがシステム部門の役目。 東京カンテイは2年間にわたり、1秒もサービスを停止させることなく基幹系システムを安定稼働させてきた。 4年周期でプラットフォームをリプレースする、システム経験が浅い担当者でも異常を察知できる仕掛けを導入するなど、 本稿では1万7520時間、稼働率100%を達成するために心がけてきたポイントを公開する。

新たなサービスや事業を展開するためのシステム整備は、情報システム部門にとって最大のミッションの1つだ。それと同様に、現行のサービスや事業を支える既存システムの安定稼働は、情報システム部門が最低限果たすべき重要な任務である。

これらは至極当然のことだが、「動いて当たり前」とされるシステムの整備に、今もなお多くの情報システム担当者が腐心している。特に2つめに挙げた既存システムの安定稼働は、「言うは易し行うは難し」の典型的なケース。“システム産業”とも言われる金融機関のように、システムの維持に数十億円規模を投じている企業でさえ、ノンストップでのシステム稼働につまづくケースが後を絶たないことが、それを物語っている。

しかし、である。ゼロダウンタイムを実現するための策がまったくないわけではない。インフラの見直しやシステムで提供するサービスの設計・管理など、1つひとつを体系立てて実行すれば、小規模の組織でも24時間365日体制でシステムを安定稼働させることができる。

本稿では、2年連続でシステム稼働率100%を達成した当社(東京カンテイ)の取り組みを紹介しつつ、ゼロダウンタイムを実現するためのポイントを共有したい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

稼働率100%に向けた3つのポイント 計画的リプレース、運用、そして人 東京カンテイ、2年間ゼロダウンタイムを達成 システムは止まる、無謬性はない、というのが情報システムに携わる者の本音ではないだろうか。 しかし利用者が「動いて当たり前」と考える以上、ゼロダウンタイムを目指して手を尽くすのがシステム部門の役目。 東京カンテイは2年間にわたり、1秒もサービスを停止させることなく基幹系システムを安定稼働させてきた。 4年周期でプラットフォームをリプレースする、システム経験が浅い担当者でも異常を察知できる仕掛けを導入するなど、 本稿では1万7520時間、稼働率100%を達成するために心がけてきたポイントを公開する。

PAGE TOP