[技術解説]

最新技術を理解して3つの恩恵を得る Part 2

2011年12月13日(火)

ネットワーク知識の必然性 仮想化やクラウド技術の台頭により、サーバーやストレージといった コンピューティング資源とネットワーク資源の融合が着々と進んでいる。 変更や追加に強く、激変するビジネス環境に柔軟に追従できるシステムを作るには、 ネットワークをめぐる最新動向を知っておく必要がある。

受発注や在庫管理、顧客管理といった業務の多くがシステム化された今、企業にとってネットワークはまさに生命線となっている。ネットワークの故障は即、業務の中断を意味する。

ところが不思議なことに、ネットワークは専任の担当者や外部ベンダー任せという企業が少なくない。「ネットワークはデータが流れる土管のようなもの。太さを決めたら、あとは専門家に任せておけばよい」という考えが根強いのだ。確かに、これまではそれでなんとかなっていた。だが、システム構築技術の変遷とともに、サーバーやストレージ、ネットワークの融合が進んでいる。ネットワーク知識なくして、システムの最適化は望めない(図2-1)。

図2-1 従来型の企業ネットワークと、その変革を促す経営ニーズ
図2-1 従来型の企業ネットワークと、その変革を促す経営ニーズ

1950〜1980年代は、メインフレームによる集中処理の時代だった。マシンルームに設置した大型のホストコンピュータが、データを処理して保持。クライアント端末は処理能力を持たず、データを表示するだけだった。ホストコンピュータへの接続には、専用線と独自のプロトコルを利用した。ネットワーク技術が取り沙汰されることはまずなかった。

1990年代、PCが登場してクライアント/サーバー型のシステムアーキテクチャが普及。データの処理や保持が分散化した。これに伴い、クライアントとサーバー間のトラフィックが一気に増加したほか、管理負荷や情報漏えいリスクが増大した。こうしたなか、物理的に離れた拠点間でいかに広帯域・低遅延の通信を確保するかや、セキュリティをどのように確保するかが、ネットワークにおける主要な関心事だった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

最新技術を理解して3つの恩恵を得る Part 2ネットワーク知識の必然性 仮想化やクラウド技術の台頭により、サーバーやストレージといった コンピューティング資源とネットワーク資源の融合が着々と進んでいる。 変更や追加に強く、激変するビジネス環境に柔軟に追従できるシステムを作るには、 ネットワークをめぐる最新動向を知っておく必要がある。

PAGE TOP