[技術解説]

伝送経路の自由度を高める4つの方策 Part 3

2011年12月20日(火)

仮想化 膨大なトラフィックをいかに効率的にさばくか。 物理的な距離をも超えたサーバーリソースの再配置をいかに素早く実現するか。 仮想環境の本格的な普及に伴い、企業ネットワークに求められる要件は高度化している。 本パートでは、こうした要件を満たすネットワークの構築に必須となる最新技術を解説する。

仮想化の進展により、企業システムを構成する物理/仮想サーバー数と、そこで発生するトラフィックが急増している。より柔軟なシステム変更を可能にするため、データセンターをまたいで仮想サーバーを自由に配置するライブマイグレーションへの要望も高まっている。こうしたなか、企業ネットワークは地域を越えて散在する膨大な数のサーバー間でのやりとりを効率化しつつ、臨機応変にサーバーの配置を変更できるようにするという難題を突きつけられている。

既存技術による弊害
仮想化による柔軟性を損なう

大量のサーバー間で安全かつ効率的にデータ転送するためにはこれまで、VLANを使うケースが一般的だった。VLANとは、イーサネットフレーム(データの伝送単位)のヘッダーフィールドにVLANタグを追加することにより1つの物理ネットワークを区分けし、複数の論理ネットワークを構成する技術。周知の通りイーサネットは、そのままでは物理接続されているすべての機器に情報を配信するので、接続される機器が多くなると、ネットワークの帯域が圧迫される。全く関係のない部門の機器にも情報が送られるので、セキュリティ上も問題がある。組織や部門ごとに論理ネットワークを構成し、通信を論理ネットワーク内に制限できれば、問題は緩和されるのだ。

しかし問題もある。1つは物理ネットワーク上に設定できる論理ネットワーク数は4096以下に制限されること。(図3-1)。一見、多いように感じるかも知れないが、国内外に多くの拠点を持つ企業では早晩、頭打ちになってしまう。VLANによる論理ネットワークが4096を超えた場合は物理ネットワークを増設するだけでなく、VLAN間を中継する機器を新たに導入しなければならなくなる。

図3-1 VLANによるネットワークの論理分割と、その限界
図3-1 VLANによるネットワークの論理分割と、その限界

VLANによるネットワークの論理分割には、サーバー仮想化によって享受できるはずの柔軟性を限定的にしてしまうという側面もある。例えば、ライブマイグレーションを使って仮想サーバーを移動させられる範囲は、同一の論理ネットワーク内に限られる。では、分割単位を大きくすればよいかというと、話はそう単純ではない。論理ネットワークが大きくなればその分、ネットワーク機器の数は多くなり、接続形態も複雑になる。しかも、トラフィックが通る経路は限られるので、そこがボトルネックになりやすい(図3-2)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

伝送経路の自由度を高める4つの方策 Part 3仮想化 膨大なトラフィックをいかに効率的にさばくか。 物理的な距離をも超えたサーバーリソースの再配置をいかに素早く実現するか。 仮想環境の本格的な普及に伴い、企業ネットワークに求められる要件は高度化している。 本パートでは、こうした要件を満たすネットワークの構築に必須となる最新技術を解説する。

PAGE TOP