[青木顕子のスウェーデンIT通信]

意義ある年間アワードはノーベル賞だけじゃない(Vol.15)

2011年12月5日(月)青木 顕子

今年も残すところわずかとなり、クリスマスシーズンが到来した。街路を華やかに照らすイルミネーションや、住宅街の家々の窓、玄関に施されたクリスマスデコレーションが、冬の散歩に彩を与えてくれる。そんなスウェーデンから、IT関連のホットトピックをお届けしよう。

■陰の立役者に光を

12月のスウェーデンといえば歴史あるノーベル賞授与式が有名だが、その陰で粛々と執り行われる「Tenzing(テンジン)賞」にも注目したい。今回はまず、この意義深い式典の話題をお伝えしよう。

第1回めのTenzing賞授与は、わずか3年前の2009年のこと。この賞の名前は、登山家ならすぐにピンとくるはすだ。というのも、ヒマラヤ登山支援をするシェルパ、テンジン・ノルゲイ氏に由来するからだ。1953年に世界で初めてヒマラヤ登頂を果たしたエドムンド・ヒラリーの道案内人である。

彼なしでは、ヒラリーの偉業は成しえなかった。成功者の陰には、必ず成功を支える人物が存在するもの。この立役者の存在からインスピレーションを得てスタートしたTenzing賞は、成功者を導く人物や組織の功績に光を当てる。受賞者には、10万スウェーデン・クローネ(およそ110万円)が与えられる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
青木顕子のスウェーデンIT通信一覧へ
関連キーワード

スウェーデン / アワード

関連記事

意義ある年間アワードはノーベル賞だけじゃない(Vol.15)今年も残すところわずかとなり、クリスマスシーズンが到来した。街路を華やかに照らすイルミネーションや、住宅街の家々の窓、玄関に施されたクリスマスデコレーションが、冬の散歩に彩を与えてくれる。そんなスウェーデンから、IT関連のホットトピックをお届けしよう。

PAGE TOP