コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

サイボウズが大企業向けにクラウド版グループウエアを提供開始

2011年12月5日(月)

サイボウズは2011年12月5日、独自のクラウド基盤から提供するグループウェアサービス「Garoon on cybozu.com」を発表した。大企業や中堅企業を対象とし、同日から販売を開始する。価格は、1ユーザーあたり月額800円(税抜き、301~1000人の場合)から。

同社が2011年11月7日から本格展開を始めたクラウド基盤「cybozu.com」上から提供するグループウェアSaaSという位置付けである。機能については、これまでオンプレミス版として販売してきた大規模組織向けグループウエア「ガルーン」をベースにしており、アイコンや操作画面のデザインを改善したのに加え、組織横断的な協働作業を支援する「スペース」機能を搭載したのが特徴だ。

「スペース」は、任意のメンバーで構成するチームにおいて、ディスカッション内容やToDoリスト/関連ファイルなどを共有する“場”として機能する。自分が属するプロジェクトなどテーマごとに関連情報が1つに集約されるため、効率よく、かつ着実に作業を進められる。スマートフォンやタブレット端末からも、その画面に適したスタイルでコンテンツにアクセスすることが可能だ。また、スペースには、cybozu.comのPaaSである「kintone」で作成したアプリケーションを取り込むこともできる。

サードパーティが提供するオプション機能の第1弾として、ブイキューブが提供するWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング on cybozu.com」を用意した(月額5万円から)。このオプションを契約したユーザーは、Garoonから「施設予約」の一環として手軽にWeb会議サービスを使えるようになる。

これまでオンプレミス版のガルーン/サイボウズOfficeを利用してきたユーザーに対しては、データをクラウド上に移行するサービスを別途提供する。なお、今後も当面はオンプレミス版とクラウド版の双方を開発・提供する予定。ただし、新機能の提供はクラウドが先行することになるという。

関連記事

サイボウズが大企業向けにクラウド版グループウエアを提供開始サイボウズは2011年12月5日、独自のクラウド基盤から提供するグループウェアサービス「Garoon on cybozu.com」を発表した。大企業や中堅企業を対象とし、同日から販売を開始する。価格は、1ユーザーあたり月額800円(税抜き、301~1000人の場合)から。

PAGE TOP