[新製品・サービス]

米Joyentと提携、IaaS型クラウドサービス「Z Cloud」の提供を開始

2011年12月16日(金)

ファーストサーバー Yahoo! JAPAN ・ソフトバンクグループでレンタルサーバ事業を手がける ファーストサーバーは2011年10月25日、米国のクラウドサービス事業者Joyent社との提携を発表した。提携第1弾としてJoyentのIaaS型パブリッククラウドサービス「Z Cloud」の提供を同日より開始した。

Z Cloudの特徴は Joyent社製の独自OS「SmartOS」を利用している点だ。Webサービスなどの目的に特化した設計で、CPUやメモリー、ディスクの利用方法を最適化。アクセス急増時に、平時の数倍ものCPUリソースを自動的、瞬間的に割り当てるバースト機能などを備える。「必要最小限の機能に絞り込んだシンプルな設計なので、親和性の高いシステムでは圧倒的なパフォーマンスを発揮する」 (ファーストサーバ代表取締役社長 磯部眞人氏)。eコマースやメディア、ゲームメーカーなど大量のアクセスを処理する企業に売り込みを図っていく。

また、提携第2弾としてNode.jsの開発、運用をサポートするPaaS型クラウドサービス「Node Ninja」の提供を予定する。 (緒方)

関連記事

米Joyentと提携、IaaS型クラウドサービス「Z Cloud」の提供を開始 ファーストサーバー Yahoo! JAPAN ・ソフトバンクグループでレンタルサーバ事業を手がける ファーストサーバーは2011年10月25日、米国のクラウドサービス事業者Joyent社との提携を発表した。提携第1弾としてJoyentのIaaS型パブリッククラウドサービス「Z Cloud」の提供を同日より開始した。

PAGE TOP