アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

13の業種に最適化したアプリケーション群を提供

2011年12月16日(金)

日本インフォア・グローバル・ソリューションズ 日本インフォアは2011年10月25日、業種に特化した製品群で構成する「Infor 10」を発表した。製造や流通、医療、ハイテク、化学など13の業種別に、ERPやCRM、SCMといった業務アプリケーションを組み合わせて提供する。

複数のアプリケーションを効率よく活用するための仕組みを備える。その1つがユーザー・インターフェイス「Infor 10 ION Workspace」だ。ユーザーごとに必要な情報を1つの画面に集約。タスクやイベント管理、ワークフローのほか、その時の状況に合わせたレポートを表示することができる。

アプリケーションを連携するためのミドルウェア「Infor 10 ION Suite」も備える。これは同社製品のほか、他社製アプリケーションとの連携を可能にするESB。「ESBに関する知識がなくても設定を15分未満で終えられる」(米インフォア エグゼクティブ・バイス・プレジデント ディーン・ヘーガー氏)簡易さが売りだ。ION Suiteを経由するデータを分析し、その結果をSNSのタイムラインに表示するといった運用もできる。

一部の製品は同日より出荷を開始し、約1年かけて製品を展開する。 (折川)

関連記事

13の業種に最適化したアプリケーション群を提供 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ 日本インフォアは2011年10月25日、業種に特化した製品群で構成する「Infor 10」を発表した。製造や流通、医療、ハイテク、化学など13の業種別に、ERPやCRM、SCMといった業務アプリケーションを組み合わせて提供する。

PAGE TOP