[Data Speaks]

【今月のテーマ:スマートデバイスの業務活用】業務での利用を許可する企業は57.2% 私用との切り分けが「BYOD」の課題に

2011年12月26日(月)IT Leaders編集部

スマートデバイスの企業内導入が進みつつある。企業はどんなルールを取り決め、どのような用途で活用しているのか。今後の普及が見込まれるスマートデバイスの現状について調査した。 MM総研+IT Leaders編集部

アップルのiPhoneやiPad、Android搭載端末といったスマートデバイスの業務での利用状況についてアンケートを実施したところ、1075人から回答を得た。利用を許可する企業は、「全社で許可」が36.4%で、「一部の部署で許可」「許可する予定」を加えると7割を超えた(図1)。会社支給/個人所有の端末の許可状況は図2の通りで、会社支給の端末に限り許可する企業が43.5%と高く、会社支給と個人所有の両方を許可するケースが21.6%、個人端末に限り許可するのが6.6%となった(許可予定と回答した人を含む)。個人所有の端末を業務で活用する「BYOD(Bring Your Own Device)」は米国などでは進んでいると言われる中、国内企業は慎重な姿勢だ。

図1 スマートデバイスの業務活用における許可状況(n=1075)
図1 スマートデバイスの業務活用における許可状況(n=1075)
図2 許可状況における会社支給端末、個人所有端末の内訳(n=1075)
図2 許可状況における会社支給端末、個人所有端末の内訳(n=1075)

スマートデバイスを業務で利用する企業(771人)に対し、用途について聞いた結果が図3だ。コミュニケーション系の「メール」「グループウェア」と答えた企業が、順に85.3%、57.7%と断トツに多い。だが3位は「CRM、SFA」、4位は「自社商品情報の閲覧」と、営業担当者向けの用途が上位に食い込んだ。「その他」の中には「システム開発の評価用」、「社員教育用」などの意見もあり、コミュニケーション系以外の用途も徐々に広がりつつある。

図3 スマートデバイスの利用用途(N=771)
図3 スマートデバイスの利用用途(N=771)

利用する際のルールはどうか(図4)。端末にIDを割り振って管理する企業が多いのは想定の範囲だが、紛失/盗難に備えて「端末のロック」もしくは「データの消去」を実施する企業も目立つ。どちらかに回答した352人のうち、両方とも実施するのは168人と4割を超え、ロックだけではなく確実にデータを消去できる環境も含めて整備するケースが多いことが分かる。また、少数だがルールを「定めてない」「検討中」と答える企業も。利用を許可したもののルール作りに苦慮する企業もあるようだ。

図4 スマートデバイスを業務で利用する上でのルール(n=771)
図4 スマートデバイスを業務で利用する上でのルール(n=771)

導入する上での課題は、セキュリティに関する項目が「コスト増」を押さえて上位を占めた(図5)。具体的には「セキュリティの確保が困難」が73.8%、次いで「情報漏えい時の責任の所在が不明瞭になる恐れ」が44.2%、「業務/個人データが混在し管理対象の明確化が困難」が40.9%などが続いた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Data Speaks一覧へ
関連キーワード

BYOD

関連記事

【今月のテーマ:スマートデバイスの業務活用】業務での利用を許可する企業は57.2% 私用との切り分けが「BYOD」の課題にスマートデバイスの企業内導入が進みつつある。企業はどんなルールを取り決め、どのような用途で活用しているのか。今後の普及が見込まれるスマートデバイスの現状について調査した。 MM総研+IT Leaders編集部

PAGE TOP