データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

段階的にマスターデータを整備、MDMソフトを提供開始へ

2012年1月20日(金)

インフォマティカ・ジャパン インフォマティカ・ジャパンは2011年11月15日、マスターデータマネージメント(MDM)ソフト「Informatica MDM」の日本語版を、2012 年3月をメドに出荷すると発表した(英語版は出荷中)。米国で高い実績を持つ米Siperianの製品を買収し、インフォマティカ製品に統合した。

特徴の1つは、“マルチドメインMDM”をサポートすること。聞き慣れない用語だが、単純化すれば顧客名や商品名といったドメイン毎のマスターデータを、関連づけて管理できることを意味する。「シングルドメインまでは既存製品でできたが、マルチドメインはできなかった。そんな時、米国のユーザー企業からSiperianを買収したらどうかという話があり、買収に踏み切った」(同社)。

もう1つは、データのクレンジング(洗濯)や名寄せを支援する機能。「ジェームス・ラップ」、「ジム・ラップ」、「Mrジム・ラップ」といったデータを自動統合し、最も信頼できるものをマスターにできる。

価格は未公表だが、レコード数とドメイン数に依存するという。 (栗原)

関連記事

段階的にマスターデータを整備、MDMソフトを提供開始へ インフォマティカ・ジャパン インフォマティカ・ジャパンは2011年11月15日、マスターデータマネージメント(MDM)ソフト「Informatica MDM」の日本語版を、2012 年3月をメドに出荷すると発表した(英語版は出荷中)。米国で高い実績を持つ米Siperianの製品を買収し、インフォマティカ製品に統合した。

PAGE TOP