[新製品・サービス]

DBシステム製品の構成を刷新、ディスクI/Oや検索処理の性能を向上

2012年1月27日(金)

アシスト アシストは2011年11月22日、ハードとソフト、サービスをパッケージにしたデータベース基盤製品「DODAI(ドダイ)」の構成を刷新し、同日に提供を始めた。刷新したのは、日本ヒューレット・パッカードのラック型サーバーとネットアップのストレージを組み合わせた「DODAI-h」の最上位版「データベース統合基盤モデル」。トランザクション処理性能を従来比で4倍に高め、大規模データの検索処理の応答性能を2.5倍に向上させた。

新構成では、サーバーとストレージを接続する日本HP製スイッチの帯域を1Gbpsから10Gpbsに拡大し、ディスクI/O性能を向上。さらに、最近呼び出したデータやファイルをキャッシュして読み込み性能を高めるネットアップの技術「Flash Cache」を採用した。

サーバーは日本HPの「ProLiant DL380」や「Red Hat Enterprise Linux 5」、日本オラクルの「Oracle Database 11g R2」で構成。ストレージはネットアップの「FAS3240AE」を使用する。価格は5400万円(税別)から。アシストは2012年末までに10社への販売を目指す。 (栗原)

関連記事

DBシステム製品の構成を刷新、ディスクI/Oや検索処理の性能を向上 アシスト アシストは2011年11月22日、ハードとソフト、サービスをパッケージにしたデータベース基盤製品「DODAI(ドダイ)」の構成を刷新し、同日に提供を始めた。刷新したのは、日本ヒューレット・パッカードのラック型サーバーとネットアップのストレージを組み合わせた「DODAI-h」の最上位版「データベース統合基盤モデル」。トランザクション処理性能を従来比で4倍に高め、大規模データの検索処理の応答性能を2.5倍に向上させた。

PAGE TOP