コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

メンバーが社内ネットで議論しながらデータ分析する機能を追加

2012年1月27日(金)

クリックテック・ジャパン クリックテック・ジャパンは2011年11月24日、BIソフト「QlikView 11」を発表した。「連想技術」と呼ぶ独自の分析手法とインメモリー技術を併用することで、データ同士の関連性を迅速に把握できる。

新版はコラボレーション機能を追加した。複数のユーザーが画面上でコメントを発信し、ディスカッションしながら原因の特定や解決策などを模索できる。画面を全員で共有し、データを操作しながら議論を進めていくことも可能だ。ライセンスを持たないユーザーの場合、一時的にアクセスを許可するURLを発行することで、ディスカッションに参加できる。

そのほか、スマートデバイスの画面サイズに関わらず、グラフなどの表示を最適化する機能も追加。iPhoneなどの小型端末での視認性を高めた。SAPやセールスフォース・ドットコムといった製品/サービスのデータを抽出するためのコネクタを搭載し、ウィザードを使って接続することもできる。

価格(税別)は、1サーバーライセンスと5ユーザーライセンスを含む最小構成で250万円から。 (折川)

関連記事

メンバーが社内ネットで議論しながらデータ分析する機能を追加 クリックテック・ジャパン クリックテック・ジャパンは2011年11月24日、BIソフト「QlikView 11」を発表した。「連想技術」と呼ぶ独自の分析手法とインメモリー技術を併用することで、データ同士の関連性を迅速に把握できる。

PAGE TOP