[ユーザー事例]

事例から見えてきた適用業務領域と効果

2012年1月24日(火)

人材育成、営業支援、プレゼン、文書管理… 事例から見えてきた適用業務領域と効果 すでに国内外100社以上のスマートデバイス導入事例が明らかになっている。 これらを俯瞰してみると、現時点で考えられる適用業務と効果が浮かび上がってくる。 本格稼働を目前に控えた全日本空輸とリコーテクノシステムズの取り組みに加え、 サントリーや野村証券、エーザイなど約50社の事例を一気に総覧する。 栗原 雅、緒方 啓吾 (編集部)

公知のスマートデバイス導入事例をみると、iPadを採用しているケースが圧倒的に多い。だが、この状況は2012年以降、徐々に変わる可能性がある。米ガートナーが2011年4月に発表した調査結果によると、搭載OS別にみた2010年のスマートデバイスの世界シェアはiOSが83.9%だったのに対し、Androidは14.2%だった。しかし、2015年にAndroidは38.6%となり、iOSの47.1%に拮抗してくる。

すでにiPadの採用を決めて本格展開に向け動き出した企業の中には、「選定段階で最良の選択肢だっただけ。セキュリティや運用の面で要件に合致すれば、今後はAndroid搭載機の採用もあり得る」とする声は少なくない。「Windows 8の登場を待ってスレートPCの検証を始めたい」という企業もある。

以下では、スマートデバイスの代表的な導入事例として全日本空輸(ANA)とリコーテクノシステムズの2社の取り組みを中心にみていく。続いて、営業や接客、設備保守や決済などバラエティに富んだ国内外事例を紹介する。

全日本空輸(ANA)
経費削減と人材育成の両得狙い
客室乗務員6000人にiPad 2

「アジアNo.1航空会社」を旗印に、スマートデバイスの大量導入に踏み切るのがANAだ。同社は2012年4月をメドに、約6000人いる客室乗務員全員にiPad 2を配布する。「『8時間以上のバッテリ駆動』という要件に合致したことが、iPad 2採用の決め手の1つになった」(IT推進室の林剛史氏)。ANAはiPad 2の活用により、業務マニュアル管理の効率化によるコスト削減と、高スキル人材の早期育成の両得を狙う。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2

事例から見えてきた適用業務領域と効果人材育成、営業支援、プレゼン、文書管理… 事例から見えてきた適用業務領域と効果 すでに国内外100社以上のスマートデバイス導入事例が明らかになっている。 これらを俯瞰してみると、現時点で考えられる適用業務と効果が浮かび上がってくる。 本格稼働を目前に控えた全日本空輸とリコーテクノシステムズの取り組みに加え、 サントリーや野村証券、エーザイなど約50社の事例を一気に総覧する。 栗原 雅、緒方 啓吾 (編集部)

PAGE TOP