[海外動向]

EC市場の健全な成長に向けて日越両国の官僚や識者が意見交換

2012年1月11日(水)

ベトナム−日本 ECワークショップ 2011年11月25日/ベトナム・ホーチミン市 経済成長が著しく、有数の親日国家でもあるベトナム。グローバル展開を考えるなら見逃せない市場の1つだ。そこで開催されたECワークショップの模様など、日越交流の一端を報告する。

成田から空路約6時間。ホーチミン市郊外のタンソンニャット国際空港に降り立ったのは2011年11月24日のこと。乾季に入ったこの地は爽やかな青空が広がり、街角の温度計は31度を指し示していた。

ダウンタウンまで車で30分ほどの道すがら、ものすごい数のオートバイがクラクションをけたたましく鳴らしながら走る光景が否応なく視界に飛び込んでくる。目をこらせば車体には「HONDA」「YAMAHA」「SUZUKI」…。多くが日本製の小型スクーターだ。交通法規がどうなっているのかは知らないが、スーパーカブに家族4人が曲乗りさながらにまたがる姿も珍しくはない。何と言おうか、街全体が一種独特のエネルギーに包まれている。

写真1 2011年11月30日、ブレインワークスの「JAPAN STYLE shop」のオープニングセレモニーが開催された
写真1 2011年11月30日、ブレインワークスの「JAPAN STYLE shop」のオープニングセレモニーが開催された
写真2 「JAPAN STYLE shop」は、ホーチミン市内にある大型商業施設「クレセントモール」内にある 写真2 「JAPAN STYLE shop」は、ホーチミン市内にある大型商業施設「クレセントモール」内にある
写真3 店内には「和」のテイストを基調とした商材が数多く並ぶ。衣・食・住にかかわる日本品質は注目の的 写真3 店内には「和」のテイストを基調とした商材が数多く並ぶ。衣・食・住にかかわる日本品質は注目の的

日本の動向やノウハウに注目

皆が一様に明るい表情をしていることが活気を醸し出す1つの理由かもしれない。経済成長のなせる技か─。人口約8700万人のベトナム社会主義共和国のGDPの成長率はここ数年、5〜6%台を維持し右肩上がりだ。BRICs諸国にも引けをとらず、一方では貧困層の割合は中国やインドを下回っているという。国民全体の生活水準が高まり、ライフスタイルも着実に変化してるようだ。携帯電話を手にメールをやり取りする若者が溢れ、市街地には想像以上にWi-Fiスポットが点在している。かつて高度成長期に向かう日本がそうだったように、日々豊かになっていくという実感に裏打ちされた躍動感が、この国に渦巻いている。

前段が長くなったが、ホーチミン市を訪れたのは「ベトナム-日本ECワークショップ」を見学するためだ。日本の経済産業省と、ベトナムの電子商取引IT庁(VETICA)ならびに商工省(MOIT)が共同で開催。ベトナムのECの健全な発展や日本企業の進出促進をテーマに、オープンな場で情報交換する1日限定のイベントである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

EC市場の健全な成長に向けて日越両国の官僚や識者が意見交換 ベトナム−日本 ECワークショップ 2011年11月25日/ベトナム・ホーチミン市 経済成長が著しく、有数の親日国家でもあるベトナム。グローバル展開を考えるなら見逃せない市場の1つだ。そこで開催されたECワークショップの模様など、日越交流の一端を報告する。

PAGE TOP