[最前線]

インテリジェントソサエティ実現に向け重要性が高まる分析技術の実際

2012年1月16日(月)

ビッグデータ活用の具体像を探る ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアから有意な情報を導き出し、活用するにはどんな技術が必要なのか。 モバイルデバイスやセンサーから得られる時間や空間に関する情報はどうか─。 いわゆるビッグデータの分析や活用に関わる技術の実際は、意外に知られていない。 収集したビッグデータをどのように分析し、利用するのかということだ。本稿では、富士通研究所の取り組みから、 自然言語処理技術、エネルギー利用などの最適化技術、それに時空間データ処理技術などを解説する。 ※本記事は富士通発行の雑誌「FUJITSU 2011年9月号(VOL.62)」の記事を一部編集して掲載しています。

我々は、人や社会の知恵や行動、環境変化に関する様々な情報を分析・活用する技術の研究開発を進めている。より豊かで安心できる社会を意味する“インテリジェントソサエティ”の基盤になるからだ。人や社会の動きを分析して活用するためには、これまでのビジネスインテリジェンスなどの分析技術が扱ってきた企業内のビジネスデータとは異なる性質のデータを扱える新たな分析技術が必要となる。ブログやTwitterなどのマイクロブログ、SNSのような多様性に富む内容や書き方となるテキストデータや、センサーデータのように個々の情報量は少ないがリアルタイムで大量に集まるデータなどを処理する様々な分析技術が求められる。

本稿はそれらの分析技術の中から、ソーシャルメディアを対象とした自然言語処理技術、人の行動や社会の動きを考慮した最適化技術、時刻や位置情報を大量に処理するための時空間データ処理技術の3種類について簡単な応用例を交えて紹介する。

最初にTwitterなどのソーシャルメディアから様々な人や社会の動きを見つけ出すために必要となる技術について、自然言語処理技術を中心に紹介する。次に、予測した結果に基づいて最適なビジネス計画や社会問題の解決策を立案するための最適化技術を紹介。最後は、時間や空間に関するデータを扱うための時空間データ処理技術を解説する。時間や位置に関する集計や検索は、人の行動や社会の動きを分析するために必要となる基盤的な技術で、今後重要性が高まると考えている。

SNSへの書き込みを正確に評価するソーシャルメディア分析技術

インテリジェントソサエティの大きな目標に、複雑化する社会問題の解決に向けたICTの貢献がある。そこで著者らは問題解決に向けた第一歩として、ブログやマイクロブログ(Twitterなど)、Mixi、Facebookなどのソーシャルメディアの分析を通して、社会を構成する人がどう行動し、何を問題と考えているのかを把握する技術を研究開発している。以下はソーシャルメディア分析の例として、著者らがこれまで研究してきた評判分析と社会マップを紹介し、そこで必要となる技術について解説する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

インテリジェントソサエティ実現に向け重要性が高まる分析技術の実際 ビッグデータ活用の具体像を探る ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアから有意な情報を導き出し、活用するにはどんな技術が必要なのか。 モバイルデバイスやセンサーから得られる時間や空間に関する情報はどうか─。 いわゆるビッグデータの分析や活用に関わる技術の実際は、意外に知られていない。 収集したビッグデータをどのように分析し、利用するのかということだ。本稿では、富士通研究所の取り組みから、 自然言語処理技術、エネルギー利用などの最適化技術、それに時空間データ処理技術などを解説する。 ※本記事は富士通発行の雑誌「FUJITSU 2011年9月号(VOL.62)」の記事を一部編集して掲載しています。

PAGE TOP