[About this Issue]

2012年の注目テーマ

2012年1月30日(月)

昨年末、ITの先端を走る二人の技術者に、2012年の注目技術を聞く機会があった。 一人はJavaの専門家である木寺 祥友氏(エル・カミノ・リアル代表取締役)。「2012年、最大のテーマの一つが“レスポンシブWebデザイン”。端末の画面サイズ(幅)に合わせて、Webの表示を動的に変更する技術だ。高解像のプロジェクタからPC、タブレット、スマートフォンまで、単一URLの同じコンテンツを表示できる。単に表示幅を変えるのではなく、ボタンのサイズなども最適化される」。

Webサイト作りが楽になるだけのように思えるが、何が”最大のテーマ”なのか?

「これをベースに、WebはHTML5に移行していく。するとスマートフォンの”アプリ”は不要というか、贅沢品の位置づけになる。AppleもGoogleもアプリで戦っているが、その構造がガラリと変わるのだ」という。

もう一人が神林飛志氏(ノーチラス・テクノロジーズ代表取締役副社長)。「大規模データの分散処理基盤であるHadoopのポテンシャルは大きい。2012年、その応用が進む。我々はこれを基幹バッチ処理に適用するAsakusa Frame-workを開発した。受発注や決済、与信管理などの業務データのバッチ処理を低コストで高速化できる」。こちらはすぐにでも企業ITに直結する話である。

レスポンシブWebデザインやHadoopの応用以外に注目すべきITは何か?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

2012年の注目テーマ 昨年末、ITの先端を走る二人の技術者に、2012年の注目技術を聞く機会があった。 一人はJavaの専門家である木寺 祥友氏(エル・カミノ・リアル代表取締役)。「2012年、最大のテーマの一つが“レスポンシブWebデザイン”。端末の画面サイズ(幅)に合わせて、Webの表示を動的に変更する技術だ。高解像のプロジェクタからPC、タブレット、スマートフォンまで、単一URLの同じコンテンツを表示できる。単に表示幅を変えるのではなく、ボタンのサイズなども最適化される」。

PAGE TOP