[市場動向]

M2Mを理解する

2012年1月31日(火)

センサーや通信モジュールを内蔵したさまざまな機器が、現場の動きを刻々と発信。そこから収集し得る情報を「価値」に昇華させる知恵が、新たな競争優位を創出する─。M2M(Machine to Machine)が今、本格普及に向けて動き出した。それは企業のビジネスプロセスやアプリケーションのあり方にも多大な影響を及ぼす。“モノが語り始める”先にはどんな世界が描けるのか。最新動向を追った。 [力竹 尚子/折川 忠弘]

関連記事

M2Mを理解するセンサーや通信モジュールを内蔵したさまざまな機器が、現場の動きを刻々と発信。そこから収集し得る情報を「価値」に昇華させる知恵が、新たな競争優位を創出する─。M2M(Machine to Machine)が今、本格普及に向けて動き出した。それは企業のビジネスプロセスやアプリケーションのあり方にも多大な影響を及ぼす。“モノが語り始める”先にはどんな世界が描けるのか。最新動向を追った。 [力竹 尚子/折川 忠弘]

PAGE TOP