[技術解説]

通信とセンサーに見る最新技術動向 PART 3

2012年2月14日(火)

M2Mを支える要素技術 M2Mを活用する動きが広まった背景には、あらゆる場所からデータを収集できる通信技術や、 対象とする機器などの状態を検出するセンサー技術の進化がある。 そこでPart3は、M2Mを支える通信、センサー技術の最新動向を整理する。

M2Mシステムが求める要素技術を考える上で、まずはM2Mシステムがどのような仕組みで構成されるのかを把握しておきたい。全体像を捉えることで、要素技術がM2Mシステムにどんな効果をもたらすのか、必要な要件は何かを考慮しやすくなるからだ。

一般的なM2Mシステムの全体像を図3-1に示す。中核を成すのが、データの収集・蓄積と、多様な装置の認証・制御などを司る情報管理基盤である。装置からデータを受信し、これらの中から意味あるデータを抽出してアプリケーションに提供する役割を担う(詳しくはPart4を参照)。

図3-1 M2Mを支えるインフラ基盤
図3-1 M2Mを支えるインフラ基盤

一方、管理対象機器の挙動を把握する装置においては、さまざまな挙動を計測するセンサーと、センサーで得たデータを情報管理基盤に送信する通信回線の果たす役割が大きい。「昨今のM2M普及の背景には、こうしたセンサーや無線通信回線の技術革新が大きく寄与している。M2Mに取り組む際には、これら技術の最新動向に目を向けるべきである」(ユビキタス・コンピューティング サロンの組込みシステム開発コーディネーター 根木勝彦氏)と指摘する。

現在のセンサーは小型化、省電力化などが進み、これまで取り付けが困難だった機器への設置を可能とし、さまざまな機器の挙動を把握できるようになった。通信方式も無線通信が一般化し、道路を走行中の自動車などの移動体からも情報を取得することが可能だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

通信とセンサーに見る最新技術動向 PART 3M2Mを支える要素技術 M2Mを活用する動きが広まった背景には、あらゆる場所からデータを収集できる通信技術や、 対象とする機器などの状態を検出するセンサー技術の進化がある。 そこでPart3は、M2Mを支える通信、センサー技術の最新動向を整理する。

PAGE TOP