[技術解説]

ベンダーが提供するM2Mプラットフォーム PART 4

2012年2月21日(火)

M2Mを構成する製品/サービス さまざまな機器が発信する情報を効果的に活用するには、 大量データを一元的に蓄積/分析する基盤が重要な役割を担う。 そこでPart4は、主要ベンダーが提供するM2M向けのプラットフォームと、通信サービスをまとめた。 折川 忠弘 (編集部)

M2Mにおいては、さまざまな機器から膨大なデータが集まってくる。この先、センサーや通信モジュールがさらに多種多様なモノに実装されるようになれば、巷間言われる“ビッグデータ”を生み出す筆頭領域の1つにもなり得るだろう。

膨大なデータは宝の山に違いないが、真の価値を見つけ出すには、収集・管理・分析といった処理を担う情報基盤が必要となる。このニーズの高まりに呼応して、2011年あたりからM2Mを想定したプラットフォームを各ベンダーが提供し始めた。

M2Mプラットフォームを構成する要素には何があるのか。ルートレック・ネットワークスの「ZeRo」を例に概要を見ていこう(図4-1)。

図4-1 ルートレック・ネットワークスのM2Mプラットフォーム「ZeRo」の概要
図4-1 ルートレック・ネットワークスのM2Mプラットフォーム「ZeRo」の概要

基本的な要素は大きく3つある。1つは「装置」(本稿では、センサーや通信機能を備えた一塊のモジュールを指す)が発信するデータを受け取るためのインタフェース。現状、業界や業種によって通信プロトコルは一様ではない。代表的なインタフェースは備えつつ、要件によって個別にカスタマイズするものが大半である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

ベンダーが提供するM2Mプラットフォーム PART 4M2Mを構成する製品/サービス さまざまな機器が発信する情報を効果的に活用するには、 大量データを一元的に蓄積/分析する基盤が重要な役割を担う。 そこでPart4は、主要ベンダーが提供するM2M向けのプラットフォームと、通信サービスをまとめた。 折川 忠弘 (編集部)

PAGE TOP