[新製品・サービス]

AWSへの専用線接続サービス、東京リージョンでも提供開始

2012年2月24日(金)

アマゾン ウェブ サービス アマゾン ウェブ サービス(AWS)は2012年1月12日、同社が運営するパブリッククラウドへの専用線接続サービス「AWS Direct Connect」がアジア・太平洋地域を管轄する東京リージョンでも利用可能になったと発表した。

インターネットを介することなくクラウド環境に接続できるため、セキュリティの向上や通信品質の安定などを期待できる。ただし、AWSが提供するのはクラウド環境に接続するためのアクセスポイントのみ(現時点では、米エクイニクス社が運営する東京2 IBXデータセンター)。指定のアクセスポイントまでの回線は利用者が自前で用意する必要がある。

同発表に合わせて、NTTコミュニケーションズ、NRI、KVH、ソフトバンクテレコムなどが「AWS Direct Connect ソリューションプロバイダー」として接続サービスの提供を開始している。各社はアクセスポイントと企業のデータセンターの間にネットワーク回線を敷設。また、契約手続きなどを代行・支援するなど、利用開始に必要なプロセスをワンストップで提供する。 (緒方)

関連記事

AWSへの専用線接続サービス、東京リージョンでも提供開始 アマゾン ウェブ サービス アマゾン ウェブ サービス(AWS)は2012年1月12日、同社が運営するパブリッククラウドへの専用線接続サービス「AWS Direct Connect」がアジア・太平洋地域を管轄する東京リージョンでも利用可能になったと発表した。

PAGE TOP