CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

組織間関係—日本能率協会マネジメントセンター 市川真大氏が選ぶ1冊

2012年2月20日(月)

何気なく立ち寄った書店で目に留まった本を買うこともあれば、世間で話題の作品を「指名買い」することもあります。ジャンルもバラバラ。そういう意味では、読書におけるお決まりの行動パターンはないですね。

組織間関係組織間関係
─企業間ネットワークの変革に向けて
山倉 健嗣 著
ISBN:978-4641066465
有斐閣
3570円

「TPP亡国論」は、とある新聞の書評で取り上げられていたのがきっかけで手にしました。ちょうど、日本のTPP(環太平洋経済連携協定)への参加の是非が連日のようにマスコミで報じられていた昨年夏のことです。経済浮揚や対米外交といった、今の日本がかかえる課題や立ち位置を整理する上では、とても参考になる書籍でした。

これを読んだ直後のことですが、学生時代に何度も目を通した本のことを思い出しました。それは、「組織間関係─企業間ネットワークの変革に向けて」という書籍。私は学生時代、経営学部に在籍していたんですが、その時のゼミの指導教授の著作なんです。企業と企業の力関係は何に基づいているのかを類型化すると共に、お互いによい結果を得るには何をどう変えていくべきなのかといった視点も織り込まれています。先のTPPにおける国同士の関係も、実は学生時代に勉強していたことの延長線上にあるんだということを再認識することにつながりました。

こんな風に、随分と前に読んだ内容が、最近になって色々なことと結び付いて腑に落ちるということが多々あります。最初は消化不良を起こしていても、知識や経験値などが増えれば、頭の中で論旨をうまく整理して組み立て直すことができるのかもしれません。その意味でも、日頃から貪欲に本を読んで頭に“種”を植えておくことは大事だと感じましたね。

打って変わって、「AccessVBA実践のツボ─VBAはココで使う」も思い出深い1冊です。元々は文系でコンピュータとの接点など無かったのですが、ひょんなことからシステム担当の職務に就くことになりました。業務をシステム化するという行為を“等身大”で学ぼうと思ったのがAccessに接したきっかけです。徐々にレベルアップして、VBAもかじるようになりました。そんな頃、とある要件を実装しようとして壁に当たってしまったんです。で、世間の腕利きは、どんなコードを書いているんだろうと気になって参考にしたのがこの本。目からウロコの技もたくさん詰まっていて、発見の連続でした。これで、プログラムを作る楽しさを最終的につかめた気がします。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

組織間関係—日本能率協会マネジメントセンター 市川真大氏が選ぶ1冊 何気なく立ち寄った書店で目に留まった本を買うこともあれば、世間で話題の作品を「指名買い」することもあります。ジャンルもバラバラ。そういう意味では、読書におけるお決まりの行動パターンはないですね。

PAGE TOP