[Data Speaks]

【今月のテーマ : パブリッククラウドのSaaS導入状況】クラウド利用企業は半数超え今後は基幹系システムも視野に

2012年2月23日(木)

パブリッククラウドを用いたSaaSの導入状況と、クラウドの選定ポイントや懸念事項を調査した。 なお毎回のことだが、ここで示しているのは企業規模や業種などを勘案しない単純集計値である。 回答者が同一の企業に勤務していても重複を排除していない。あくまでも参考値として見ていただきたい。 MM総研+IT Leaders編集部

パブリッククラウドを用いたSaaSの導入状況についてアンケートを実施したところ、1108人から回答を得た。その結果、「すべての部署で導入」(11.6%)、「一部の部署で導入」(39.0%)を合わせると5割を超えた。さらに「導入予定」(23.2%)を含めると7割に達する。企業にとってクラウドは、もはや「特別な存在」ではなくなっているようだ。導入企業(予定を含む817人)に、今後の適用範囲について尋ねると、7割が「広げる」と回答(図2)。クラウド移行への積極的な姿勢が読み取れる。

図1 クラウドの導入状況
図1 クラウドの導入状況(n=1108)
図2 今後のクラウドの適用範囲
図2 今後のクラウドの適用範囲(n=1108)

ではどの業務システムをクラウドへ移行したのか(図3)。グループウェア(38.7%)を筆頭に、電子メール(37.7%)や営業支援(23.6%)などの情報系システムが上位を占める。一方、今後クラウド化したい業務システムを尋ねると、必ずしも情報系だけを対象に検討しているわけではないことが分かる。「財務・会計」(12.8%)、「販売・在庫管理」(11.5%)などが比較的高い値を示しており、基幹系システムもクラウドへ移行し、システム運用の効率化や業務の標準化を徹底しようと考える企業が多いことがうかがい知れる。BI(ビジネス・インテリジェンス)が15.5%と高い点も特筆すべきである。スマートデバイスの普及を機に、外出先からでも必要な情報を参照できる環境が整いつつある。そこでデータの利活用促進を図るため、社内システムを経由せずクラウドから容易にデータにアクセスできる環境を検討するケースが増えているようである。

図3 クラウドへ移行した業務システムの割合と、今後移行したい業務システム
図3 クラウドへ移行した業務システムの割合と、今後移行したい業務システム(n=1108)

クラウドを選ぶ際の評価基準を尋ねた結果が図4である。「月額料金」(81.2%)や「セキュリティ対策」(66.6%)などが上位を占める中、「オンプレミスや他のクラウドと容易に連携できるか」、「クラウドの管理画面は分かりやすいか」といった操作性を気にする企業が3割を超える。利用経験のある企業が増えた結果、実際に使用した際の不満を次回選定時に重視したいと考える傾向が強まっているようだ。その他の中には、震災時でもシステムを継続運用できるかどうかを重視するという声も寄せられた。震災を契機に、クラウドに求めるニーズが変化していることが推察される。

図4 クラウドを選定する際のポイント
図4 クラウドを選定する際のポイント(n=1108)

クラウドに対する不満や懸念事項を聞いたところ、「クラウドが停止した際の対応が心配」(57.3%)と「データの管理方法が不明瞭」(54.8%)が突出して高い(図5)。クラウドで用いる技術をブラックボックス化せずに公開してほしいと考える企業が、依然として多いことを裏付ける結果となった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Data Speaks一覧へ
関連記事

【今月のテーマ : パブリッククラウドのSaaS導入状況】クラウド利用企業は半数超え今後は基幹系システムも視野に パブリッククラウドを用いたSaaSの導入状況と、クラウドの選定ポイントや懸念事項を調査した。 なお毎回のことだが、ここで示しているのは企業規模や業種などを勘案しない単純集計値である。 回答者が同一の企業に勤務していても重複を排除していない。あくまでも参考値として見ていただきたい。 MM総研+IT Leaders編集部

PAGE TOP